危険な農薬などを避け『たけのこ』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬などを避け『たけのこ』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け『たけのこ』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

たけのこは栄養的には
価値が少ないのですが、

普段よく食べる野菜の中では

ゴボウ、ブロッコリー、大根に次ぐ
食物繊維が多い野菜です。

食物繊維は
便秘改善だけでなく

大腸がんの予防や
コレステロールの吸収を抑える
などに有効です。

またカリウムも多く含むので、
尿と一緒に塩分を排出し

高血圧の予防にも有効です。

<たけのこの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB2…0.11mg
・ビタミンC…10mg
・カリウム…520mg
・食物繊維…2.8g

スポンサーリンク

たけのこの安全な選び方と保存法

皮につやと水分があるもので、
ずんぐりとした釣鐘型のタケノコを選びましょう。

また保存法としては、

茹でた後にたっぷりとした
水に浸して密封容器に入れて冷蔵します。

たけのこを安全に食べる方法

たけのこは時間がたつほど
えぐみが増えます。

入手したらすぐに茹でるのが基本です。

ぬかを入れたお湯なら
旨味はそのままえぐみだけを除けます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。