危険な農薬などを避け『パイナップル』を安全に健康な食べ方

危険な農薬などを避け『パイナップル』を安全に健康な食べ方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け
『パイナップル』を安全に健康な食べ方

について紹介します。

豊かな消化酵素を含むのが
パイナップルの特徴、

だからこそ
危険な農薬などを避け

『パイナップル』を
安全に健康に食べる方法を
ぜひ知っておきたいものです。

よく肉料理の付け合わせに
パイナップルが出てきますが、

それは彩りを添えるより
むしろ肉質を柔らかくし、

消化を良くする配慮からです。

日本では以前、缶詰くらいしか
お目にかかれなかった

南国フルーツの一つですが、

生で味わうと独特の
甘みと酸味が合わさって美味しいです。

南アメリカが原産で
アナナス科の常緑果樹、

形は松の実に似て、
味はリンゴに似ているので、

松(パイン)と林檎(アップル)

の合成語が生まれたと言います。

熱帯地方で広く
栽培されますが、

台湾や小笠原など
温暖地でも収穫できます。

15から20cmで楕円形の果実は
香りが高くて多肉、

缶詰などの加工品も多いです。

スポンサーリンク

パイナップルの安全な選び方と保存法

パイナップルは見かけの割に
重要があるものを選びましょう。

また香りがよく
実を指で押すと少しへこむくらいが
良く熟している証拠です。

甘味は下の方が強いので
保存する時は葉を下にします。

パイナップルを安全に食べる方法

パイナップルに含む
酵素であるブロメラインは

熱に弱いので
加熱調理する時は手早く調理します。

フルーツサラダを作る時も
他の果物を柔らかくさせてしまうので
加えるのは最後にします。

また注意したいのが、
未熟なものを食べない事です。

消化不良や肌荒れの
原因になるからです。

よく熟したものを適量食べるのが
健康に良いです。

指で押して少しくぼむ
程度が食べごろと言えるでしょう。

生のパイナップルを買ってきたら
葉を下にしておくと

甘みが均等になりやすく、
熟すのも早まります。

パイナップルの健康の作用

パイナップルの主な成分は糖質ですが、

ビタミンB1、C、
食物繊維を豊富に含んでいます。

またパイナップルに含まれる
ブロメラインという酵素には

肉類を柔らかくする性質や
消炎作用、消腫作用、腸内の
腐敗物を分解する作用があります。

下痢や消化不良、ガス発生、
悪臭便などの、

消化器障害に改善効果を示します。

ただ60度以上の熱が加わると、
酵素の作用はなくなるので、

肉と炒める食べ方のときは
最後にさっと炒める程度に
すると良いでしょう。

酸味の主役はクエン酸で、

リンゴ酸、酒石酸なども含み、

また、ビタミンB1も
老化防止、疲労回復に有効です。

<パイナップルの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.08mg
・ビタミンC…27mg
・食物繊維…1.5g

パイナップルの特別な薬効のある食べ方

パイナップルの栄養素は
バランスよく含まれているので、

新陳代謝を活発にし、
食欲を増して疲労回復に役立ちます。

またパイナップルに含まれる
微量ミネラルとして

マンガンがありますが、

このマンガンは
カルシウム吸収を促進させ、

骨粗鬆症の予防にもなります。

カルシウムたっぷりの
食品との組み合わせは
相性が良い食べ合わせです。

またマンガンにはのどの渇きを
抑えて不安感を鎮める作用もあり、

骨がもろくなりやすい
老人はこまめに食べて欲しいものです。

熱帯地方では気管支炎や
風邪などで痰が出る時、

パイナップルを
食べさせると言います。

ブロメラインの痰を
分解して出しやすくする
働きを利用したもので、

パイナップルを原料とした
去痰薬も市販されています。

ただし、缶詰のパイナップルは
熱処理されているので、

ブロメラインの薬効は
期待できないものです。

以上、

最近では日本でも
どんどん身近になってきた

パイナップルを安全に健康な食べ方

危険な農薬などを避けるよう
心がけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。