危険な農薬などを避け『ニラ』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬などを避け『ニラ』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け『ニラ』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

ニラはビタミンA、B群、Eが豊富な野菜で、

特徴的なのは
臭気成分のアリシン(硫化アリル)

アリシンは、糖質の代謝を
促進するビタミンB1の腸内での
吸収利用率を高めるほか、

強い抗菌性、
エネルギー代謝を高めて

内臓を温め、
各機能を活発にします。

従って、スタミナをつけたい時に
ニラはうってつけの食材になります。

ビタミンB1とタンパク質を
豊富に含む豚肉、レバー、ウナギのかば焼き
などの料理の副菜として組み合わせると

夏バテ防止にも威力を発揮します。

ニラには他のビタミン類も豊富で、

ビタミンAは1束で1日の必要量の
約40%、Cは約20%、Eも約40%を
賄える優秀な食品です。

このビタミンA,C,Eトリオは
ガンを撃退してくれます。

これらの栄養分が総合的に働き、

冷え症予防、風邪予防、健胃、腸、
整腸作用、眼精疲労、疲労回復にも
効果を発揮します。

<ニラの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンA…290㎍
・ビタミンC…19mg
・ビタミンE…2.5mg
・食物繊維…2.7g

スポンサーリンク

ニラの安全な選び方と保存法

葉につやがあり、
手で持ってもだらりと垂れない

しっかりとハリのある
みずみずしいニラを選びましょう。

また保存法としては、
洗ったら紙で包んで冷暗所に置くか、

ポリ袋に入れて
野菜室で冷蔵します。

ニラを安全に食べる方法

ニラの薬効成分である
アリシンは、

揮発性でしかも
水に溶ける性質なので、

切ったり洗ったりの
下ごしらえをする時には

できるだけ素早く済ませます。

ポピュラーな食べ方は
レバニラ炒めですが、

風邪や腹痛時には
ニラ粥やニラ雑炊もおススメです。

お腹を温めながら
症状を和らげてくれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。