危険な農薬などを避け『小松菜』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬などを避け『小松菜』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け『小松菜』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

小松菜は緑黄色野菜の代表で、

栄養的な特徴は、
カルシウムが非常に多く、

ほうれん草の約3倍含んでいるという点です。

このカルシウムの量は
非常に優秀な点で、

小松菜100g(1/3束)で
一日の必要量の1/3近くを摂取できます。

カルシウムは骨や歯を育て、
ストレスを和らげる働きをします。

また小松菜100gで
ビタミンAとビタミンCは

一日の所要量の約40%を取れる
という含有量を誇ります。

そしてβカロテンは
皮膚や粘膜を丈夫にし

免疫機能を維持し、
粘膜のガンを抑制します。

さらにビタミンEと組み合わされば
ガンに対する抑制力はさらに高まります。

<小松菜の主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンA…260㎍
・ビタミンC…39mg
・カルシウム…170mg
・鉄分…2.8mg

スポンサーリンク

小松菜に含まれる危険な農薬などの取り除き方

小松菜など青菜類の
農薬の除去は、

ボウルに流水を受け、

この中に5分ほど漬けてから
5回ほど強い流水でザブザブと
ふり洗いをします。

この作業を行う時の
ポイントは根元を特にしっかり洗う事です。

小松菜の安全な選び方と保存法

緑色が濃くて葉肉が厚く、
葉脈があまり発達していない
小松菜が新鮮な証拠です。

また保存法としては、
湿らせた紙を包んでポリ袋に入れ、
根を下にし野菜室で冷蔵しましょう。

小松菜を安全に食べる方法

旬の冬に小松菜は
霜にあたるたびに

葉は厚くなり、アクが抜けて
ますます食べやすくなります。

新鮮なものであれば
生で食べても大丈夫です。

アクが少ないので
茹でずに汁に直接入れたり、

炒めてもアクを
感じさせないのが特徴です。

ビタミンCは水溶性なので
汁ごと食べる工夫も必要でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。