危険な農薬などを避け『カリフラワー』を安全に健康な食べ方

危険な農薬などを避け『カリフラワー』を安全に健康な食べ方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け
『カリフラワー』を安全に健康な食べ方

について紹介します。

カリフラワーの栄養面の特徴は
ビタミンCが豊富で、

しかも加熱によるによる
損失が少ないのが特徴です。

生の状態では100g中81mgと
ブロッコリーの120mgより劣りますが、

茹でると53mgと
ブロッコリーの54mgと変わりません。

ビタミンCはウィルスに対する
抵抗力を付けるので、

ガン予防や美肌効果、
身体を丈夫にするなどの働きがあります。

便秘、整腸、ガン予防に
役に立つ食物繊維が多い事も
カリフラワーの魅力です。

他にもカリフラワーは

動脈硬化の原因となる
血液中の過酸化脂質の
増加を抑える働きなどあります。

また、ビタミンKは
骨の強化に作用します。

カリフラワーはキャベツの仲間で
最も消化が良い点がメリットです。

ただし注意したいのが、
ブロッコリーと同様で、

ビタミンCは茎の部分に多く
含まれています。

なので茎も残さずに利用するのが
ビタミンCの摂取量を確保するポイントです。

<カリフラワーの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.06mg
・ビタミンB2…0.11mg
・ビタミンC…81mg
・食物繊維…2.9g

スポンサーリンク

カリフラワーに含まれる危険な農薬、有害物質

冷涼多湿の気候を好む
カリフラワーですが、

栽培時期によっては、
高温で乾燥した気候になることがあります。

その時期には
病虫害の影響を受けることが多いので、
農薬が使われます。

カリフラワーに含まれる危険な農薬などの取り除き方

カリフラワーは
葉に覆われて育つので、

直接農薬などがかかりにくい
野菜だと言われています。

しかししっかり残留農薬を
減らすためには、

小房に分けてしっかり
水でよく洗い、

たっぷりのお湯に塩やお酢を加えて
茹でこぼすなどの対策をしましょう。

カリフラワーの安全な選び方と保存法

蕾が開花せず外葉が生き生きとして
萎れていないカリフラワーが新鮮な証拠です。

独特な香りがして
白か、薄いクリーム色で固く締まった
重量感のあるものを選びましょう。

保存法ですが、

時間がたつと味が落ち、
傷みやすくなるので、

なるべく早く食べ切ります。

残ってしまった場合
ビニール袋に入れて
野菜室で冷蔵保存します。

カリフラワーは小房に分け
生のままか固めにゆでて
冷凍保存してもOKです。

カリフラワーを安全に食べる方法

カリフラワーは真っ白に茹でるコツは
茹で汁の中にお酢かレモン汁を少々入れるか、

小麦粉(湯カップ5に大さじ2)を入れましょう。

褐変の原因となる
色素が抑えられて、

真っ白に茹であがります。

また小麦粉を入れると沸点が上がり、
加熱時間が短縮できるので、

ビタミンCの損失が抑えられます。

ほのかな甘みが損なわれず、
アクも良く抜けます。

その後は水につけず、
ざるに広げて冷ますと
水っぽくなりません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。