低下し続ける食品の栄養価…安心で栄養価の高い食材の入手法


今回のテーマは、

低下し続ける食品の栄養価…
安心で栄養価の高い食材の入手法

について紹介します。

時代が進み、環境へ汚染は進み、
低下し続ける食品の栄養価…

残念ながら、かつての私たちの
ご先祖様たちに比べ、

私たちが食べる食品の栄養素は
量も質も下がっているのが実情です。

ここまでこのサイトの内容を
しっかり読み進めてくれた人は、

スーパーマーケットで売っている食品、
ファーストフードやチェーンレストランで
出てくる食べ物の大半は

毒素がどっさりと入っている事を
ある程度理解してくれていると思いますが、

彼らの加工技術によって
栄養価を削ぎ落とされた加工食品が
私たちの食生活を席巻しています。

健康にとって安心できない
問題が多くあるのですが、

たた、それだけでなく、
普通に使う食材自体、以前と比べると、
中に入る栄養価が少なくなってきているのです。

スポンサーリンク

より便利になる食品の弊害

私たちが日々口にしている食べ物は、

75年前、50年前、、

いいえ、ほんの25年ほど前と比べても
大幅に変わってしまっているのです。

例えば、もう20年以上も
同じメーカーの食品を食べている人は
たくさんいると思うのですが、

同じメーカーの同じ商品であっても、

20年前と今とでは、
内容がまるで違うのです。

その商品をより安く、より長期保存できる
ように開発され続けたため、

そしてより消費者の食欲を高め、
消費者を太らし、

その商品に対して肉体的に
依存してもらえるように、

現在ではかつての100倍以上もの
化学物質が混入されており、

それが毒素として体内に入ります。

こういった食品を食べる事で
免疫力が低下し、自然治癒力が低下し、
健康レベルを落とす事になるのです。

現代の食品の栄養価が低下し続ける中

安心で栄養価の高い食材の入手法は
どんどん難しく、厳しくなっています。

理想的な食生活とは?

無理矢理改造された食品たち、、

そのような食品には、
生きた酵素も残ってはいませんし、

エネルギー状態も変化してしまっています。

食品の栄養価が低下する…
その傾向は今後も続いていく恐れがあります。

これでは真の健康を
手に入れる事は難しいでしょう。

こういった状況を考えれば
大手食品メーカーが作った食品を買う事をやめ

ファーストフードレストランや
チェーンレストランで食事するのもやめて、

有機食材のみを購入し、
家で一から料理したものだけ食べたり、

生きた酵素を破壊しないよう
できるだけ食材を生で食べる事が、
安心できる理想的な食事と言えます。

とは言え、そのような事が出来る人は
現実問題としてほとんどいません。

ではどうすればいいのでしょうか?

毒素が遥かに少なく、
栄養価が遥かに高く、

エネルギーも変化していないような
食品を無理なく取る事は

果たして可能なのでしょうか?

栄養価の高い食品を食べる4つのルール

もちろん可能です。

完ぺきとは言えなくても、
現状よりははるかにましで

しかも簡単な方法があります。

安心で栄養価の高い食材の入手法として
いくつかのルールを守ることです。

第一のルール

「スーパーマーケットで買い物をせず、

自然食品店や健康食品店
ファーマーズマーケットで買い物をする事」

第二のルール

「大手食品メーカーの商品を買わない事」

第三のルール

「少量生産をしている地元の
食品業者を探す事」

第四のルール

「必ず成分表示を読む事」

この4つです。

安心で栄養価の高い食材の入手法として、

次回からこの4つのルールを
詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。