プラスイオンの発生源と免疫力、身体への悪影響やデメリット


今回のテーマは、

プラスイオンの発生源と免疫力、
身体への悪影響やデメリット

について紹介します。

以前も紹介しましたが、

空気中にはプラスイオンと
マイナスイオンがあり、

このバランスが崩れ
プラスイオンが増えすぎた影響で

身体が酸化し、免疫力が落ち、
健康レベルが下がると言う話をしましたが、

一般的な体調不良の
原因の一つとして、

毎日吸っている空気中の
プラスイオンが増えてしまい、

身体が酸化している可能性があります。

またプラスイオンと言うのは、
免疫力を弱め、身体を疲れさせたりするだけでなく、

精神にも影響をし、
うつ病や不安症など心の病気の
原因となる可能性もあります。

ここではそんなプラスイオンの
発生源や対策法を紹介しましょう。

スポンサーリンク

呼吸で生命維持する以上…

人の健康を考える際、
最も基本となるのが呼吸ですね。

数日間食べなくても
人は死ぬことはありませんが、

呼吸が止まれば人は数分で死んでしまいます。

そんな呼吸をたびに
肺に吸い込まれる空気には
マイナスイオンとプラスイオンがあり、

そんな命の源とも言えるイオンは、

私たちの身体にとって
理想的なバランスにあることが
健康を維持する為に必要で、

その理想バランスは、

マイナスイオンがプラスイオンの
1.2倍から1.5倍あるのが理想です。

しかし現状は…

空気中のプラスイオンが
マイナスイオンの1.2倍ほどあると言うのが
現代社会の現状です。

プラスイオンの発生源

イオンがマイナスになるか、
プラスになるかを決定する要因の一つが、

大気中の汚染物質です。

汚染物質が多いほど、
プラスイオンができやすい状態です。

大気汚染は、
二酸化炭素やメタンだけでなく、

珪素、炭素、二酸化硫黄、硫化水素など

微小な粒子となった
金属や化学物質が含まれていますが、

合成製品、工業製品を作る過程で
これらの物質が地球の大気にばらまかれ、
遂には組成バランスを崩しました。

テクノロジーは現代人に
便利さなどメリットを与えましたが、

免疫力、身体への悪影響や
デメリットも与えてしまうのです。

こう言った有害物質は
すべて酸化物質であり、
プラスイオンなのです。

また農薬や化学肥料により、
大地を酸性化させてしまった結果、

プラスイオンに対抗する
マイナスイオン源となる自然の力が
弱まっている事も大きな原因です。

家に中にもプラスイオン発生源がある

また大気中だけでなく、

住環境やオフィス環境にも
プラスイオン発生源があります。

OA機器やパソコンも
プラスイオンを発生させると言います。

コンピューターが出す
電磁波を浴びることで、

頭痛、胸の痛み、疲労、不眠
などの症状を訴える人を

「電磁波過敏症」と呼びますが、

ハツカネズミなどによる研究では、

テレビなどから出る
電磁波、プラスイオンにより、

流産の集団発生、先天性異常児の増加、
白内障、生理不順、吐き気、頭痛、不眠、めまいなど

様々な症状が起きることが発表されています。

電磁波を発生させる
身近なものはコンピューターの他にも、

携帯電話、電子レンジ、エアコン
テレビなどがあり、

冷蔵庫やラジカセなど
家庭電化製品からも
電磁波は発生しています。

こうした電磁波のデメリットも
私たちは意識する必要があります。

コインランドリーで過ごしてみよう

ちなみに身近な
プラスイオンの発生源として

洗濯機、乾燥機からも、
プラスイオンが大量に出ると言われています。

つまり、洗濯機はあなたの
免疫力を低下させる機械でもあるのです。

「いやいやそんな事は無いでしょう…
ただの洗濯機が免疫力を低下させるなんて」

…もしあなたもと言う思いがあるならば、
これからこんな実験をしてみてください。

これから街のコインランドリーに行って、
作動中の洗濯機、乾燥機の前に30分ほど座ってみます。

そしてその後一日、
どんな気分がするかを確認するのです。

逆に今度は、海岸や流水のそば、
木々がたくさん茂っている場所へ散歩してみましょう。

そしてその後一日の気分を
比べてみて欲しいのです。

そしてこの実験による
違いは歴然としたものになるでしょう。

たった30分ですが
体調や気分の違いに
恐らく驚愕することと思います。

こうした影響が免疫力にも
影響を与える事で、

健康にデメリットを与えます。

文明を否定できないですが…

滝や海辺、水や木々のそばには
生命力を高めるマイナスイオンがたっぷりです。 

プラスイオンは人体の心身の健康に
悪影響を与えると言います。

そして逆にマイナスイオンは健康に
良い影響を与えてくれるものです。

もちろん本質的には
バランスが取れていることが理想ですが、

プラスイオン過多の現代社会では
積極的にプラスイオンを避けて、
マイナスイオンを取り込む必要があるのです。

従って心身の健康のためには

出来るだけプラスイオンを避け
マイナスイオンを得る生活を心がると言う事。

もちろん、文明の利器は素晴らしく、
洗濯機などは私たちの生活を便利にしてくれます。

しかし、そこから有害なエネルギーが出ている
という意味では健康にとっては悪影響もあります。

そういう意味では、
洗濯機や乾燥機を使用するよりも

太陽と水を使った洗濯をする方がベターなのです。

もっと言えば、
乾燥機から出した洗濯物にも、感覚的、
生理的に不快なプラスイオンが充満しているので、

新鮮な空気の中で干した
洗濯物の方が着たときに気持ちが良く
マイナスイオンを取り入れることができます。

プラスイオンの弊害と言っても
目に見えないものの影響なので、
あまり気にしない人も多いと思います。

しかしこのイオンバランス
にも気を使って行くことで、

健康レベルは上がっていくのです。

とはいえ、
洗濯機や乾燥機を使わない生活を
いきなり実践するのも難しいでしょうし、

洗濯機を捨てて洗濯板の生活に戻る
そんな生活の実践は困難でしょう。

とにかくまずは意識を変えてみることから、
できることから少しずつでOKです。

まずはプラスイオンの発生源や
免疫力、身体への悪影響やデメリット
に関して理解を深めましょう。

そして知恵を使い工夫をすることで
マイナスイオンを増やす事も出来ます。

次回はそんなマイナスイオンを増やす
工夫について解説していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。