unnamed

電磁波を避ける方法を知り、中和させるグッズを使い健康に


今回のテーマは、

電磁波を避ける方法を知り、
中和させるグッズを使い健康に

について紹介します。

以前にも紹介したのですが、

電磁波というのはかなり強力なエネルギーであり、
体内に病気を発生させるリスクがあります。

とは言え現代の生活において、

こういった電磁波を完全に
除去することはできませんが、

避けることや、中和する事は可能です。

電磁波を避ける方法を知り、
中和させるグッズを使う

そういった些細な努力によって、
真の健康を入手し、病気を根治する事が出来るのです。

電磁波に問題がある可能性があると言う事は…

携帯電話、
パソコン、
ハイビジョンテレビ、

放射能で殺菌する食品、
電子レンジでかけた食品、

これら電磁波など有害エネルギーというのは、

全て身体を酸化させ
ガンなど病気のリスクを増やす原因になるだけでなく、

免疫力を低下させて、
病気になりやすい身体を作ります。

なので以前も電子レンジを使わないことなど
私はこのサイトでお伝えしていますが、

この意見に、機械メーカなどは、
電磁波の有害性について真っ向から否定するでしょう。

ただ、

専門家の中でも、意見が分かれるという事は、

この電磁波を使った機械たちが
病気の原因になる「可能性もある」と言う事です。

ならば対策をしておいて損はありません。

天気予報で50%の降水確率ならば、
仮に雨が降ろうと振らまいと、
傘を持っていく事に損はありません。

この考えを持つ事は
健康を守る上で大切なのです。

電磁波をなくすのは不可能

究極的に電磁波が
悪影響があるのかどうか、

恐らく科学的に答えが出る事はないでしょう。

仮に100%有害であることが分かっても、

電化製品をストップする事は
この資本主義の世の中では不可能です。

むしろ企業はできるだけ
影響がない問題がないと言うような
風潮を広めて行くでしょう。

しかし私自身は
電磁波の悪影響を前提に
できるだけ予防する道を選びます。

私たち現代人は何百という発生源から放出される
電磁エネルギーを日常的に浴びさせられています。

発生源は主に、

人工衛星、
送電線、
コンピューター、
携帯電話、
カーナビ、
無線電話、
リモコン、
ハイビジョンテレビ、

などがあります。

そして現代社会に生きる以上、身の回りから
電磁エネルギーを無くす事は実質上不可能です。

なので私たちが出来る事は、
有害エネルギーをできるだけ避けたり、
「中和させる」ことだけです。

電磁波を避ける方法

例えば電化製品を使う時に
以下のような事に気をつければ、

電磁波の影響を避けることができます。

常に電源を入れておかなければいけない
冷蔵庫などは除き、

電化製品はなるべく
長時間の連続使用を避けます。

また使わないときには
コンセントを抜いておくだけで
電磁波の影響を少なくできます。

他にもパソコンやテレビは
できるだけ離れることが大切です。

アメリカのカルフォルニア州では

「ブラウン管やモニターから
少なくとも1メートル離れて使用する」

という条例があります。

最低でも70センチは離れ、
連続の作業時間を減らすことで
安全度は増して行きます。

また携帯電話の電磁波対策は重要ですが、

耳からできるだけ話して使用する
イヤホンの使用などは必須sでしょう。

また通話時間を短く抑えることで
無駄に電磁波の被害を減らせるだけでなく
通話料なども抑えられます。

このような工夫をすることで
電磁波を避けることができます。

電磁波を中和させる方法

電磁波の影響について
議論があるように、

電磁波の害を中和するグッズの
効果の議論も確かにあります。

効果のあるものないものあるでしょうが、

私自身は有害電磁エネルギーを
中和できる方法やモノはあると考えています。

これから、電磁波を中和させる方法について、

私なりの見解で、
アドバイスとして紹介していきます。

これが良い、悪いと言う判断は難しいので、
あなた自身の体感を一番に考えて欲しいので、

いつも言う事ですが、あなたの責任において、
出来ることから少しずつやっていって下さい。

まず気軽に取り組めることとして、

家やオフィスの置いて、
自分の周囲の空気全体を中和するもの。

財布やポケットに入れて持ち歩くモノ。

ペンダントとして身につけたりするもの。

…など電磁波中和グッズが色々と売られています。

そういったグッズを何かしら入手してみて
使ってみると良いでしょう。

何か高いモノを買う必要はまったくありません。

安価なもので、効果が高いモノは
ぜひ色々と探してみて効果を確かめてみて下さい。

この世界は実感が何よりも大切です。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。