危険な毒素を避け『鮭』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『鮭』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『鮭』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

シャケは、

他の魚肉より消化吸収が良い
良質なたんぱく質と脂肪に富んでおり、

血液をサラサラにするEPA、
脳の細胞を活性化するDHA、ビタミンB群、

脳神経の働きを助け、
血行を良くするナイアシン、

さらに味覚を正常に保つ
亜鉛などミネラル類がたっぷりで、

鮭は生活習慣病予防には
持ってこいの魚です。

ビタミン類の中では、
粘膜や皮膚の健康には欠かせない
ビタミンAが豊富に含まれます。

また骨の吸収率を高める
ビタミンDも十分です。

他にも成長促進、消化を助けるビタミンB群、
血行を良くするビタミンEも豊富です。

スポンサーリンク

色々な面から健康的な鮭は
万人向けの魚ですが、

特にパソコンを扱う人には
最適の食品です。

シャケは血行不良が原因となる
「肩がこる」「眼が疲れる」といった
症状を和らげてくれます。

<シャケの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンA…11㎍
・ビタミンB1…0.15mg
・ビタミンD…32.0㎍
・ビタミンE…1.2mg

・安全な鮭を選ぶコツ、選び方

シャケの切り身であれば
身に白い脂肪が筋状に入り、

キレイなサーモンピンク色のものを選びます。

1尾であれば、

ウロコが銀色に光り身にハリがあり
エラが鮮紅色で歯のきれいに
並んでいるものを選びましょう。

・安全にシャケを食べる方法

時々購入した「塩じゃけ」が
塩辛すぎることがありますが、

そんなときには
焼いたシャケをほぐしてから日本酒を
一振りすれば常備菜に早変わりします。

またシャケフレークとしても保存性も高まります。

お弁当のおかずとして
シャケを焼く場合は

火にかける前に
切り身にお酒を一振りするのが
おススメです。

こうしておくと、
冷めても魚臭くなく美味しくなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。