危険な毒素を避け『鰈カレイ』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『カレイ』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『鰈カレイ』を
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

カレイは消化の良い
良質タンパクを豊富に含み、

脂肪は100g中1.8gと少なく
高タンパク、低カロリーのヘルシー食材で
淡白な味も好まれています。

その上、脳神経の興奮を鎮め、
イライラやストレスを和らげるビタミンB1と

カルシウムの働きを助ける
ビタミンDの組み合わせで、

ストレス解消や、
女性に多い骨粗鬆症予防に
効果を発揮します。

そして魚好きが特に好きな
エンガワには、

細胞同士をしっかり結びつける働きをし、
肌の若さを保つコラーゲンを豊富に含みます。

またカレイには、
血圧やコレステロールを下げるタウリンも
多いという多彩な効用が魅力です。

<カレイの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.06mg
・ビタミンB2…0.36mg
・ナイアシン…2.2mg
・ビタミンD…5.0㎍

スポンサーリンク

・安全なカレイを選ぶコツ

鮮やかな赤茶色で表面は
色つやがよく、

裏側の肌が白く、
濁りやうっ血のないものが新鮮です。

エラの色が深紅色や
斑紋が鮮やかで身の厚いものほど
ビタミンAが多いと言われます。

・安全にカレイを食べるコツ

カレイは煮魚の代表魚ですが、
身そのものを味わいたい時は、

子持ちカレイは避けた方がいいでしょう。

卵を抱えるので
身が充実していないからです。

また女性が期待する
美肌効果のあるコラーゲンは

エンガワや骨に含まれています。

水溶性の成分なので
煮汁にしみ出てしまいます。

こう言った栄養素を
無駄にしないように

薄味に調理して煮汁ごと
食べるか、煮こごりにして食べると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。