危険な毒素を避け『かつお』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『かつお』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『かつお』を
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

カツオの栄養的な特徴はタンパク質で、

血合いの部分には、
健康増進に役立つ

ビタミンB12、ナイアシン、
鉄分を多く含みます。

悪性貧血の予防、
神経のバランスを保つなどに働くなど

ビタミンB12は魚肉では
トップクラスの含有量です。

ナイアシンは血行を良くするほか、
二日酔いも予防します。

鉄分は貧血を予防し、
タウリンは血圧やコレステロールを
下げる有効成分です、

またカルシウムの吸収を促進し、
骨粗鬆症を予防するリンや
ビタミンDを含むのもカツオの魅力です。

スポンサーリンク

女性にとってうれしい
カツオの薬効は、

まず豊富に含まれるカルシウム、

カルシウムの吸収を促進し
骨粗鬆症を防ぐビタミンD、

ホルモンの生成に関わる
良質なたんぱく質、

疲労回復や神経に働く
ビタミンB群

血を作る鉄分、

血液をきれいにする
不飽和脂肪酸のEPAなどです。

<カツオの主な栄養素(100g中包含量)>

・ナイアシン…19.0mg
・ビタミンB12…8.4㎍
・ビタミンD…4.0㎍
・鉄分…1.9mg

・カツオの安全な選び方

カツオの切り身であれば、

血合の部分が
ハッキリしているものを選びます。

まるごとであれば、
エラが赤く、表面の縞模様が
くっきりしているものが美味しくて新鮮です。

・カツオを安全に食べる方法

ほど良い脂肪と
うまみ成分がたっぷりのカツオは
新鮮なものなら「たたき」が一番です。

鮮度が落ちやすいカツオの
生臭さをあぶることで

いぶし香をつけ、
表面を焼き固めて、
旨味を封じ込めます。

和風であれば、
好きな薬味をたっぷり添え

洋風なら、
ニンニクを効かせたオリーブオイル
で作ったドレッシングにハーブがよく合います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。