菜食主義者=健康か?ベジタリアンのメリット、デメリット


今回のテーマは、

菜食主義者=健康か?ベジタリアン
のメリット、デメリット

について紹介します。

健康を手に入れるために、、

「ベジタリアン、菜食主義者になる!」

と意気込む人がたまにいますが、

私は菜食主義者にまで
なる必要は無いと思っています。

確かに、植物性食品の
健康のメリットは大きいですが、

野菜や果物をたくさん食べる事は
重要ですが、

なにも野菜だけを食べれば良い
という訳ではない気がします。

ベジタリアンにも
メリットとデメリットが存在します。

スポンサーリンク

ベジタリアンのデメリット

菜食主義者の方が動物性食品を
食べる人よりもより健康で長生きする

と言う説得力のある証拠を
私は発見した事はまだありません。

ベジタリアンになろうとした結果、
すぐ風邪をひき顔が青白く弱っている人もいます。

偏った植物性食品を食べることで、

アミノ酸やたんぱく質など
必要栄養をが不足するというデメリットがあります。

また、自分は肉食、動物食を断ち、
周りの人が肉料理を食べるのが気になれば、

現代の日本において、
良好な人間関係を作ろうとする際に
大きなデメリットにもなります。

厳格に菜食主義者を守ろうとすれば

周りを戸惑わせたり、
敵対したり、
説得しようとすることで、

自分にも他人にもストレスを与えるようになりますし、

旅をした時や自分で調理できない時には、

動物性食品なしで
バランスのとれた食生活を送る事は
かなり困難です。

…しかもそんな厳格な菜食主義者が
案外短命で不健康であるという話も
多々あります。

ベジタリアンのメリット

…とは言え、

健康で長生きする人たちが、

加熱や加工をしていない新鮮な
有機野菜や果物を大量に食べている事は
まぎれもない事実です。

新鮮で清潔な野菜や果物の栄養素が
心身の健康へのメリットは計り知れないものがあります。

アルバート・アインシュタインが

「ベジタリアンの食事に進化するほど
人の健康に良く、地球上の生物が
生き伸びる機会を高めるものはない」

というほど、

心身の健康にも地球の環境にも
植物性食品を多く取る事は
メリットがあります。

だからこれから栄養の面で、
何かしらひとつだけ実践したいならば、

一日に新鮮な果物4つ
たっぷりに生野菜サラダを二回

食べるようにしてみて下さい。

有機栽培の野菜や果物を
火を通さずに食べるのが理想ですが、

あまり普段、野菜や果物を
食べる習慣がない人は、

有機でなくても、加熱したものでも良いので、
出来るだけ野菜と果物を食べて下さい。

ベジタリアンにもランクがある

日本ではそれほどなじみのない
菜食主義者(ベジタリアン)ですが、

実は色々なベジタリアンのランクがあります。

・ビーガン

厳格な菜食主義者は
肉、魚、乳製品、卵など
動物性由来の食べ物を一切取らない。

ビーガンの多くは毛皮や皮革など
動物性由来の衣服を着る事もしない。

・オボ・ベジタリアン

卵を食べるが、鶏肉は食べない

・ラクト・ベジタリアン

乳製品を食べるが、卵は食べない。

・ラクト・オボ・ベジタリアン

乳製品や卵は食べる。

・ペスコ・ベジタリアン

魚を食べ、たいてい乳製品や卵も食べる。

・セミベジタリアン

緩やかなベジタリアンで
フレキシタリアンとも言われ、

社会状況や健康上の必要性に応じて
鶏肉や魚、乳製品を食べる。

しかしほとんどのフレキシタリアンは
牛や豚肉は食べない

宗教や思想上の理由で
ベジタリアンになる人もいますが、

健康レベルを考えれば
セミベジタリアンくらいが適切でしょう。

動物性食品の真の問題は…

健康を目指すうえで、

ビーガン、厳格な菜食主義になるほど
徹底する必要は全くありません。

むしろ統計データから言えば、
厳格なベジタリアンの方が
短命という話もあります。

肉食にも菜食にも
メリットやデメリットがあります。

むしろ動物食の本当の問題は、

飼育、加工、流通過程における
不自然な科学的な手が加えることによる
毒素の負の影響が問題なのです。

できるだけ、
新鮮で清潔で安全な
お肉や魚を入手するように努めて、

お肉やお魚も楽しみながら、

オイシイ野菜や果物を自分のペースで
出来るだけ食べていけばいいのです。

そんな習慣を持ち、
野菜や果物を食べる意識を持つだけで
栄養面で向上していくこと間違いなしです。

こうしたバランスの良い栄養を
摂取でき栄養不足を補えます。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。