unnamed

制汗剤、デオドラントの強い毒性の問題、健康被害やデメリット


今回のテーマは、

制汗剤、デオドラントの強い毒性
の問題、健康被害やデメリット

について紹介します。

人と出会う時
汗臭いのは、気になる所・・・

周りに嫌な思いをさせないためにも
制汗剤やデオドラントを使うのは
エチケットと考え、使う人がいますが、

健康を守るうえで、
肌に付けたりする化粧品の
毒性には気をつけたい所です。

肌から取り入れる毒素に注意する。

まず、毒素を体内に入れないために、
以下のフレーズを頭に叩き込んでおいて下さい。

口に入れられないものは、
肌にも付けてはいけない!

…と

もちろんエチケットは
重要ですが、

そこにデメリットがあるのであれば
考えなければ行けません。

皮膚から取り入れる危険な毒性

私たちの皮膚というのは、
身体の中の最大の器官です。

そして肌に付けたものは体内に吸収されます。

もしそこに何か毒性の強い物が入りこんだなら、
やがて血液に入り込み、体中をめぐり傷つけます。

そして健康状態を損ねます。

真の健康を目指す私たちは、
日々の暮らしの中で肌につける物にも
気を使って行かねばなりません。

恐ろしい話ですが、市販の

デオドラント、
保湿ローション、
化粧水、
虫よけ、
日焼け止め、
香水

…などは、非常に毒性が高く、

中には一定の成分を口に入れただけで数分以内に
人間は死ぬ成分が混入されているとも言われています。

保存、品質の維持を考えれば、
市販の化粧品は

化学物質の配合を抜きに
流通は考えられません。

疫学などの調査によって、
化粧品に配合する成分の中には、

発がん性、アレルギー、
環境ホルモン作用の疑いがある
成分が含まれていたり、

一時期話題になった
狂牛病の恐れがある物質が
化粧品などに含まれていることも報告されています。

制汗剤、デオドラントに含まれる毒性

なので、私個人の意見としては、

化学成分が入ったようなこう言った商品の
使用は出来るだけ辞める事を強くお勧めしますが、

いきなり全てストップするのは非現実的かもしれません。

でも、出来る限りのことはして欲しいと思います。

肌に付ける毒はなるべく
減らすように努力しましょう。

特に、制汗剤やデオドラント

いわゆる脇の汗などを抑えるような製品には
致死量の毒が含まれていると言われています。

健康被害やデメリットが
多く報告されています。

中でも最も危険なのが成分が、
アルミニウム化合物です。

ほとんどの市販のデオドラントには
アルミニウム成分が入っているのですが、

こう言った毒性のある成分が
わきの下などから吸収され、
リンパ系を通って、主に胸に集まります。

女性の乳がんの主な原因は
デオドラントの影響という意見もあります。

乳がんになるか、汗臭いままでいるか?

という選択肢があれば当然
汗臭いままでいる方がマシと思います。

癌のリスクのあるものを
わざわざ肌につける必要はありません。

制汗剤、デオドラントに含む化学物質

他にも制汗剤、デオドラントに
含まれる問題ある化学物質として
危険性の報告があるものは、

防腐、殺菌剤、酸化防止剤の
働きをする

イソプロピルべチルフェノール

肌や粘膜を強く刺激する性質があり、

皮膚がはれやすかったり、
ニキビ、吹き出物、蕁麻疹などが
起きる恐れがあります。

多量に皮膚についた場合、

皮膚や粘膜を腐食させ、
皮膚の毛細血管を痙攣させるなど

強い障害が起きるかのせいもあります。

またイソプロピルべチルフェノールは、

環境ホルモン作用の疑いがあり、
遺伝子などへの影響の不安もあります。

その他制汗剤、デオドラントには
皮膚や体への影響が不明な
香料が数多く使われています。

多くの問題やデメリットが
報告されています。

ナチュラルな制汗剤、デオドラントのススメ

健康な人間というのは、
そもそも不快な体臭はしません。

人間にとっては、
汗の匂いが不快な匂いなのではなく。

菌の匂いが不快なのです。

問題は匂いではなく
健康状態なのです。

デオドラントはただ不快な匂いを
別の匂いで誤魔化しているだけ、

真の健康体を入手し免疫力が高まれば
体内の殺菌力は高まり体から不快な匂いなどしないものです。

特に日本人を含めて
アジア人の多くは体臭は
それほどない民族です。

デオドラントなどで表面上を取り繕うのでなく
根本的に健康を目指す方が賢明な方法だと思います。

そして、肌につける成分には
十二分に注意して欲しいです。

だからまずデオドラントを
辞めることから始めて欲しいのですが、

どうしても必要な場合は、
100%自然の成分で出来たものを
探してみると良いでしょう。

自然は健康ショップなどに
100%天然のものも売っています。

こうしたものであれば、
問題やデメリットも少ないでしょう。

まずはあなたのできることから始めて行きましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。