危険な毒素を避け『タコ』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『タコ』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『タコ』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

タコの特筆する栄養素は
タウリンです。

タウリンは魚介類に多い成分で、

高血圧、脳卒中、心臓病などを
防ぐ効果があるほか、

肝臓の機能を高めて、
解毒作用を強化します。

またコレステロールが原因となる
胆石症をはじめとした

各症状を防ぎ、
視力低下、神経系機能の
改善にも有効です。

またタコには亜鉛も含まれています。

亜鉛は発育を促し、
味覚や嗅覚を正常に保ち、

風邪などの感染症を
予防する効果があります。

スポンサーリンク

<タコの主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB2…0.09mg
・ナイアシン…2.2mg
・ビタミンE…1.9mg
・鉄分…0.6mg

安全なタコの選び方と保存法

新鮮で安全なタコには
そばかすのような斑点があり、

弾力があって吸盤が吸い付きます。

茹でたものは、
表面に粘りがあるものは避けましょう。

また保存法としては、
柔らかく茹でて冷まし、

ラップに包んで冷蔵しておきます。

タコを安全に食べる方法

タコを茹でるときには
大根おろしをたっぷりと入れたお湯で
20~30分茹でて、

その後冷めるまでそのまま置くと
柔らかく茹であがります。

・たこと相性の良い食材

サツマイモ、かぼちゃ、切干大根、
レンコン、松の実などと組み合わせると、

動脈硬化を予防して、
肝臓の働きを高めます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。