unnamed

調理器具、テフロン加工の危険性、健康被害や問題、デメリット


今回のテーマは、

調理器具、テフロン加工の危険性、
健康被害や問題、デメリット

について紹介します。

毒素を取り入れない生活、

特に食生活において
注意して欲しい事を紹介していきます。

これまで調理法や
食材の毒素の危険性などの話をしてきましたが、

今回は調理器具の危険性
健康被害についてです。

特にフッ素樹脂加工鍋、フライパンなど、

表面がすべすべしていて焦げ付かない
洗うのが簡単なテフロン加工のなべやフライパンの
健康被害について恐ろしい報告があります。

身近に使っている調理器具に
危険性や問題、デメリットがある
事もあるの注意してください。

スポンサーリンク

インコを殺す猛毒ガスが発生

テフロンというのは
アメリカの巨大化学企業、
デュポン社の商品名で、

一般名称は「フッ素樹脂加工」と呼ばれ、

フッ素樹皮は科学的に安定しており、
一般的には安全なものと思われています。

しかし、

「テフロン加工したアルミ箔を
魚焼きグリルで使ったらい、

飼っていたインコが2羽
猛烈に苦しんで死んでしまった」

「テフロン加工の料理器具を
使って3カ月になるが、
身体にじんましんが出るようになった」

…という報告が
国民生活センターなどに
訴えられているのです。

実は、フッ素樹脂というのは

300~400度の高温になると、
フッ素が不安定になって猛毒物質を
発生させるのです。

例えば、470度で生じる
パーフルオロイソブレチレンは

なんとあの地下鉄サリン事件で
使われたサリンと同じ程度の
毒性が発生する危険性のある猛毒ガスです。

使いやすいメリットがありますが、

こうしたデメリットは
無視しては行けないでしょう。

テフロン加工の健康被害

それまでは、
こうした毒ガスの発生は、

フッ素樹脂加工調理器具を
長時間、空焚きした場合に限られる

と信じられていました。

ところが、

2003年アメリカのNGO
「環境ワーキンググループ(EWG)」

が衝撃的なレポートを発表しました。

なんとフッ素樹脂加工調理器具を
2分間空焚きしただけでも、

フライパンや鍋は
380~390度の高温に達すると言うのです。

そしてデュポン社は

「テフロンが350度以上に熱せられれば
人に害が出る可能性がある」

という研究報告を発表しています。

つまりたったの2分間の加熱で
有毒ガスを発生させる可能性があるのです。

私たちは知らないうちに、

常に危険と隣り合わせで、
そういった調理器具を使っているのです。

これからはもっと賢くなって
自分たちの身は自分で守らなければいけません。

問題ある危険な調理器具を避ける生活

危険な調理器具を避けるために
実践して欲しいのが、

まず一つ目が、以前にも紹介した、

電子レンジを使わない事です。

もし家に電子レンジがあるのでしたら、
捨ててしまった方が、良いでしょう。

電子レンジにも多くの
問題やデメリットがあると言う
報告があります。

電子レンジにかけるとあらゆる食品には、
毒性のあるエネルギーを帯びるようになると、
私は信じています。

色々な意見がありますが、
私は事実だと思っています。

普段から、電子レンジにかけた
食事を習慣にしていると、

免疫力が低下し、
うつや不安症になる可能性が上がります。

注意して下さい。

二つ目に
調理器具に気を使うと言う事です。

特に調理器具で注意して欲しいのは、
焦げ付き防止加工を施した調理器具です。

いわゆるテフロン加工などの
フライパンは非常に危険です。

こういった焦げ付き防止加工された
フライパンなどを高温で空だきすると、

有毒ガスが発生して、小鳥のような
小動物は死んでしまう事もあるのです。

人間もこういった有毒ガスを吸う事で、

呼吸器系の病気や、免疫力の低下、
ガン、ウツ、喘息、頭痛など、
いくつもの健康被害につながります。

毒素を出すだけでなく、毒素を入れない
と言う事もデトックスにとって非常に大切なステップです。

ぜひ気を付けて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。