危険な毒素を避け『はまぐり』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『はまぐり』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『はまぐり』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

はまぐりはの主成分は
アミノ酸組成の良質タンパクです。

脂質も微量なので、
高タンパク、低カロリーの
ヘルシー食品です。

はまぐりの旨味のもとは、
アミノ酸のグリシン、グルタミン酸などと
グリコーゲン、コハク酸などです。

はまぐりの栄養的な特徴は、
鉄分、カルシウムが豊富な事です。

さらにマグネシウム、亜鉛などの
ミネラル類をバランスよく含んでいるので、

貧血を予防したり
骨を強くするのにちょうどいい食品です。

スポンサーリンク

またはまぐりには
貝類に多いタウリンが豊富です。

不足する栄養素は、
ベータカロテンやビタミンCなどで、

献立に緑黄色野菜を
付けておけば万全です。

はまぐりは、
キレイな肌を作り、顔色をよくし、
貧血や骨粗鬆症を防ぐ優れた食材です。

<はまぐりの主な栄養素(100g中含有量)>

・カルシウム…130mg
・鉄分…2.1mg
・マグネシウム…81mg
・亜鉛…1.7mg

安全なはまぐりの選び方と保存法

貝の色つやがよく
口がしっかり閉じているはまぐりを選びましょう。

また貝と貝をぶつけてみて、
済んだ音をするものを選びましょう。

またはまぐりを安全に保存する為には、
サッと茹でてから冷凍し、

凍ったらフリーザー用密閉袋に入れ
冷凍保存します。

はまぐりを安全に食べる方法

大き過ぎず、殻につやのある
美味しいはまぐりが手に入ったら

「焼きはまぐり」にすると良いでしょう。

蝶番の外側にある突起を
切るのを忘れないようにしましょう。

健康にはまぐりを調理するコツは
生きたものを砂出しして、
加熱し過ぎないことです。

貧血に効果を持たすためには、
クエン酸やビタミンCを含んだ
レモン汁をかけて食べるのがおススメです。

ビタミンCは風味を良くするだけでなく、
鉄分の吸収を助けるので、

栄養素が効率良く取れます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。