危険な毒素を避け『牡蠣』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『牡蠣』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『牡蠣』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

牡蠣は古くから
肝機能を高めると言われますが、

中でも殻は漢方薬として
使われていました。

牡蠣の栄養的な特徴は、
エネルギー源となる

グリコーゲンやビタミンB群、
鉄分、銅、亜鉛、マンガンなど

ミネラルを多く含んでいる事です。

牡蠣の旨味のもとは

タウリンをはじめとした
アラニン、グリシンなどのアミノ酸で、

グリコーゲンがそれをまとめ、
引き立てています。

タウリンが豊富で、
肝臓の機能を高める働きがあるからでしょうが、

古くから牡蠣が滋養強壮に
役立つ事は、

実際の経験から知られていました。

スポンサーリンク

肝臓は、必要のない
物質を解毒したり、

栄養素をうまく活用する為に
重要な働きをします。

その機能を高める牡蠣を食べる事は
体調をベストに保ち、

精力的に活躍できると言う事です。

また亜鉛と銅の含有量も多く、
成長期の子供や貧血気味の女性、
ストレスの多い人にもおススメの食品です。

<牡蠣の主な栄養素(100g中含有量)>

・ナイアシン…1.4mg
・鉄分…1.9mg
・亜鉛…13.2mg
・銅…0.89mg

安全な牡蠣の選び方

牡蠣のむき身を選ぶなら、

ツヤがあり、身が膨らんで
丸く盛り上がって

緑の黒みが鮮やかなものが
良質なものです。

また貝柱が乳白色
或いは黄色に近いものは
古いので注意が必要です。

牡蠣を安全に食べる方法

「海のミルク」と呼ばれるほど
栄養素もうまみもたっぷりの牡蠣ですが、

磯の香りや柔らかい口当たりが人気です。

火を通し過ぎると固くなり、
風味も飛んでしまうので注意です。

調理する前に、おろし大根や
濃い塩水で汚れやぬめりをおとして使います。

生食は生食用と
表示したものを使いましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。