危険な毒素を避け『ひじき』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『ひじき』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『ひじき』を
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

現代人に不足しがちな
栄養素がたっぷりのヒジキですが、

中でも注目の栄養素はヨードです。

このヨードはチロシキンという
ホルモンを作り、

代謝を盛んにします。

寒い季節には体温の
低下を防ぐなどの働きをし、

甲状腺の不調にも有効な海藻です。

逆にヨードが不足すると、
代謝が低下し、体が冷えたり、
太りやすくなってしまいます。

またヒジキに含まれる食物繊維も
たいへん豊富で、

ゴボウの7.6倍

またヒジキに含まれる食物繊維は
水溶性なので、

腸内で水分を含み、
便を柔らかくして便通を整え、

コレステロールや有害物質を
体外に排出して、

動脈硬化や大腸がんなどを予防します。

この食物繊維に貝類、タコ、エビ、カニ
などに含まれるタウリンと組み合わせると
肝臓機能が強くなります。

またヒジキのカルシウムは昆布の二倍、

鉄分は海藻の中でも
ナンバーワンの含有量を誇ります。

女性に多い貧血や
更年期以降の骨量の減少が原因で
起こる骨粗鬆症などに効果的です。

スポンサーリンク

・危険でない安全なヒジキを選ぶコツ

乾燥品はよく乾燥して
大きさのそろったものが安全です。

生のヒジキならつやつやとして
ふっくらとしているものが良品です。

乾燥ひじきは
水を変えながらよく洗い

たっぷりの水に浸して
柔らかく戻します。

調理前に一度茹でこぼしてから
使うようにしましょう。

主成分のヨードは
水に溶けにくいので、

炒め煮や油揚げとよく煮る
などの工夫をすると安全です。

ヒジキの豊富なベータカロテンの
活用は油脂を含む食品と一緒に
使うのが得策です。

また風味も良くなります。

ヒジキは和風の食材という
イメージが強いですが、

スープで薄味に煮て
サラダに用いるなど、

洋風の食材としてもおススメです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。