危険な毒素を避け『羊肉』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『羊肉』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『羊肉』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

羊肉は冷え症の女性に嬉しい、
身体を温めてくれる食材です。

羊肉の主成分は
組成の良いアミノ酸のたんぱく質で、

ビタミンB群、ナイアシン、鉄などを
豊富に含む肉類ですが、

ビタミンB群は
糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進して
身体や脳にエネルギーを供給するなど重要な成分です。

ナイアシンは
糖質、脂質の代謝促進、

血行を良くする
二日酔いを防ぐなどと働きます。

スポンサーリンク

・危険でない安全な羊肉を選ぶ方法

濁りのない、鮮やかな紅色
またはレンガ色でつやがあるものが
新鮮で安全な羊肉の証拠です。

また脂肪の色が真っ白なものは良品です。

・羊肉の安全な保存法

ラップなどで密封し、
フリーザー袋にいれれば 
冷凍保存も可能です。

・健康に羊肉を食べる調理法

羊肉の独特な匂いは
脂肪に多く含まれるので、

脂肪を取り除き、
香草や赤ワイン味噌などで
癖を抑えて料理すれば美味しくなります。

羊肉は融点が44~45度なので
冷めると口の中でもなかなか解けません、

熱いうちに食べましょう。

<羊肉と効果的な組み合わせ>

身体を温める効果のある、
ネギ、生姜、唐辛子を組み合わせて
相乗効果を狙うと健康的に羊肉が食べられます。

緑黄色野菜や、種実類などをプラスして、
不足するビタミン類を補うのも大切です。

・羊肉の主な健康への効果

健胃、貧血、美肌、
滋養強壮、冷え症

・羊肉の主な栄養素(100g中含有量)

ビタミンB1…0.24mg
ビタミンB2…0.33mg
ナイアシン…5.7mg
鉄分…2.0mg

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。