unnamed

医療業界と製薬会社のお金の流れ、特許薬の問題点、デメリット


今回のテーマは、

医療業界と製薬会社のお金の流れ、
特許薬の問題点、デメリット

について紹介します。

今回は恐ろしい裏話を公開します。

製薬会社と特許薬の問題点について

医療業界にまつわるお金の流れや
医学会と製薬業界の怪しい関係について、

私なりの見解を述べたいと思います。

これはあくまでも私の意見であり、
なにが真実かは分かりません。

あなたもあなた自身の責任で
健康を守るためにいろいろと調べてみて、

判断するようにしてください。

「真実を知りたければお金の流れを見よ」

と言う欧米の格言があるのですが、

医療業界のお金の動きを見てみると
様々な疑惑が見えてきます。

スポンサーリンク

全体を見ない医学の世界

健康になるための自然療法の知恵
と言うのは実にシンプルです。

以前もお話ししたのですが、

病気にかかる場合もなる場合も
原因と言うのは、4つ、

・体内毒素
・栄養不足
・電磁波
・ストレス

だと私は考えています。

この4つが原因なので、

凄く簡単に言えば、この4つにしっかりと
対処すれば健康になれると言う事です。

体内毒素を無くしていき、
栄養不足を解消し、
電磁波を避け、
ストレスのない生活をする

身体の機能を全体的に見て、

たったこれだけの事に気を使うことで
病気にはならないのです。

だからこそ、

薬で対処、手術で切り取ると言うのは
病気の治癒の答えにならないと思うのです。

ましてや副作用のデメリットのある
薬を飲む事は実際は誰が
得をするのでしょうか?

薬を飲んで最も「得」するのは誰?

薬や手術は、症状に対処するだけのものであり、
根本的な治療ではありません。

現代医学の先生たちは症状に対し、
対処のみしかせず患者の体全体を見たりはしません。

私の考えでは「薬を飲む事」では
何も治したりはしないと考えています。

製薬会社は日々、病気の治療薬を
探し求めると言っていますが、

これは嘘でないかとすら思っています。

彼らは、実は
薬で病気が治らないことを本当は知っていて、

薬は症状を抑えるだけで、
身体に不自然な事を強いて
バランスを崩す事も

知っているのではないでしょうか?

なぜ、私がこんな事を言えるか、、

医療業界の裏を探ってみると
色々なことが見えてきます。

冷静に考えれば
薬を飲んで一番得をするのは
患者ではなく製薬会社ではないか?

そんな風にも考えられます。

特許薬の問題点、デメリット

例えば、この事実に注目してみて下さい。

製薬会社が行う研究対象は、
「特許薬」に限られています。

薬の売り上げ、
私たちからの寄付金、
政府の助成金

など、全てのお金は、
特許薬の研究に使われているのです。

ではなぜ特許薬なのか?

特許が取れれば、何十億と儲かる
薬の研究を行う事が出来るからです。

製薬会社も、ヘルスケア会社も、
協会、財団、政府の資金が、

自然療法や、特許の対象とならない
治療法・予防法の研究に使われる事は一切ありません。

実際の所、
病気の治療や予防と言うのは

大それた研究の必要もなく、
お金もそれほどかかりません。

毒素、栄養不足、ストレス、電磁波、

と言った原因を突き詰めれば、
病気は簡単になくせるのですが、

その4つの原因について
世間で話される事はそれほどありません。

なぜか?

それを認めてもお金にならないからです。

他にも例えば
健康に有効な薬草があるとして…

それはただの自然の植物です。

だから特許が取れません。

ハーブや薬草で体を癒されたら
製薬会社、医療業界に入る
お金はゼロ円です。

だからこそこうした自然の力を
もみ消そうとする力が働くのかもしれません。

お金の動きと健康の関係とは?

お金の真実を見ると、
この世界の歪んだ所が色々と見えてきます。

不健康や不調、病気が増え続けている
根本原因や、

それを治癒するための
自然療法の知恵も、

医療業界、製薬会社も全てを
知っているのではないでしょうか。

しかし真実を明らかにすれば、
何百億と言うお金が損になります。

仮に薬の機能が

薬を飲む

病気がなくなる

もう薬を飲まなくなる

…では製薬会社はつぶれてしまいます。

だからこそ、

薬を飲む

症状をいったん抑える

副作用として別の問題を起こす

また薬を飲む

…と言うシステムでないと
お金を儲けられません。

副作用やデメリットのある
特許薬を流通させなければ
ならないのです。

なので一般社会の間では
真実は明らかにならないのです。

これを真実と思うかウソと思うかは
あなたの自由ですが、

私はこのゆがんだシステムに
危機感を覚えています。

何度も言う通り真実は分かりません。

考え方は人それぞれです。

ただ、何かしらこの意見が
あなたの健康について考えるきっかけ
になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。