クリーバーズ・ハーブの薬効成分の特徴・使い方・薬草の効能など

今回のテーマは、

クリーバーズ・ハーブの薬効成分
の特徴・使い方・薬草の効能など

について紹介します。

クリーバーズ(ヤエムグラ)

何世紀もの間、
伝承医学の中で伝えられてきた
クリーバーズ(別名グースグラス)

このハーブは生垣や庭の植え込みに
幾重にも絡まり合って茂り、

衣服に引っ掛かりやすいとげをもった
茎を長くのばします。

春に出る若芽が
優れた強壮薬となり、

中欧からバルカン諸国で
広く用いられています。

スポンサーリンク

クリーバーズの薬用にする部分と効能

・地上部

生で用いるのが効果的なハーブです。

強力な利尿作用と
リンパ系の浄化作用があり、

リンパ節が腫れる病気に
効果があります。

浄血薬として扱われる事も多く、
皮膚症状や、毒素の蓄積による
他の症状などに用いられます。

野菜として
ほうれん草のように軽く炒めて
食べる事も出来ます。

春から秋まで採集できます。

クリーバーズのデータ

・性質

寒、やや乾、塩味

・成分

クマリン、タンニン、配糖体、クエン酸

・作用

利尿、リンパ系の浄化、
穏やかな収斂

・注意事項

特にありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。