後回し癖、先延ばし癖を改善しなければ病気はなくならない


今回のテーマは、

後回し癖、先延ばし癖を改善
しなければ病気はなくならない

について紹介します。

前回紹介した思考の重要性ですが、
私たちの思考には癖があります。

思考の癖をネガティブなものから
ポジティブなものへと
矯正する必要があるのですが、

特に健康になりたければ、
先延ばし癖を無くさなければいけません。

「今度やろう」「今は良いや」
「めんどくさいな」「邪魔臭いな」

…といったような先延ばし癖を無くさなければ
病気はなくならないのです。

この思考の癖が健康にとって
最も邪魔になります。

スポンサーリンク

病気を先延ばしする現代医療界

例えば、、

私たちは、病原菌やウィルスに
日々さらされています。

が、

健康体であれば発症はしません。

感染したとしても、免疫力があれば、
体は戦って追い出してくれるのです。

そしてこれは重要な事ですが、

身体に様々な症状が現れていると言う事は、

身体の防衛システムがキチンと
機能しているあかしでもあるのです。

それを現代医学は、
薬を飲んで症状を抑えようとしてしまうのです。

つまり、問題の根本を無視し、
とりあえず症状だけに対処して

問題を覆い隠すようなものです。

つまり現代医療のシステム自体にも
後回し、先延ばし癖と言う悪習が
あると言う事です。

例えば、
高熱を出すのは体が侵略者と
戦っているからなのに、

私たちは解熱剤を飲んで
侵略者に身体を明け渡してしまいます。

現代医学の問題点は、
症状の身を取り除こうとする点にあります。

症状の原因に取り組もうとしないのです。

症状が消えるほど、
原因が見えなくなり病気は悪化します。

対処療法は根本原因を無視する

多くの人はあまり気づいていませんが、
ここが最大の問題点なのです。

これが対処療法と呼ばれる
現代人の抱える問題点です。

例えばビジネスに置き換えて考えてみれば、

会社がうまくいかない。売り上げが上がらない。。

そんなときに、本来は、
「何が問題なのか?」と考えるべきです。

商品に価値がないのでは?
セールスに問題がるのか?
広告がうまく行っていないのか?

そう言う具合に考え
根本から改善を計る必要がありますが、

「売り上げが立たない、、」

それならばじゃあ銀行にお金を借りて
この場を乗り切り問題を先に引き延ばそう。。

一瞬その時はうまく行ったと感じますが、
これでは問題の先延ばしに過ぎません。

会社はそれでうまく行くどころか、
さらに悪化を辿るのみです。。

問題を対処して後回し癖、先延ばす癖を無くし
根本からの見直しをしていく必要があります。

もちろん対処療法も大切です。

医学と言うのは、私の意見では、

事故や緊急事態に、人の生命を救う
と言う意味で大変優れています。

もしも私が交通事故に遭い、
腎臓が破れてしまったなら、

一刻も早く、薬と手術でその症状に対し
命を救ってほしいです。

そう言う意味で現代医療は偉大です。

しかし、

もし私が癌であれば、

「癌細胞か、とりあえず手術で除去するか、
放射線を当てたり、死ぬかも知れないけど、
劇薬を投与しようか?」

…などとは考える事はしません。

何故癌が出来たのか?

それを根本から考える必要があるのです。

そして後回し癖、先延ばし癖を辞め、

今すぐ自然治療のテクニックで
健康ルーティーンを始めます。

深い所から見ていくのが大切

病気の原因と言えば、

凄く簡単にいえば、体内バランスが崩れ
体が酸性に偏っているのです。

そして何が酸性に偏らせたのか?

その原因を突き止めるのです。

そこから変えることで
癌すら治癒に向かうのです。

先延ばしして病気になって治療でなく、

今この瞬間に健康的な習慣を持って
病気を予防する。

これが大切なのです。

例えば、

ウォーキング、
十分な休息をとって回復を計る事。

健康にとって素晴らしい事です。

さらに、

ストレスを減らし、免疫力を高め、
身体をアルカリ性にすれば、
病気は体内に存在すらできなくなるのです。

そんな具体的な方法も紹介していきますが、

まずは一番大きなところ
根本の部分からしっかりと理解していきましょう。

とにかく後回し癖、先延ばし癖を
改善しなければ病気はなくならない
ことをまず覚えてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。