心と身体のリラックス方法と心身の思い込みの影響とメリット

心と身体のリラックス方法と心身の思い込みの影響とメリット
今回のテーマは、

心と身体のリラックス方法と
心身の思い込みの影響とメリット

について紹介します。

どうしても気分が乗らない時、
やる気がしない時、

メンタル(心)だけでなく
フィジカル(身体)にフォーカスし
リラックスすると良いでしょう。

またイマジネーションの力を
最大限に発揮する為にも、

心と体のリラックスは重要です。

メンタルのレベルをアップする時には、

メンタルにフォーカスするより
フィジカルがポイントになります。

スポンサーリンク

身体を動かすメンタルへのメリット

やはり人間は体が資本です。

フィットネスクラブに行ったり、
ジョギングしたり、散歩したり、
ストレッチをしたりするなど、

身体を動かすようにしましょう。

停滞していた気分が解消され、
やる気も戻ってきます。

物事がうまく進まず、
嫌な気分になってきたときは
早めに気分転換しましょう。

そしてそれでもなかなか
メンタルレベルが戻らない時は、

極めつけは早く寝ることです。

そして次の日に早く起きて、
自分の目的や目標に立ち返る。

一晩ぐっすり眠ると
気分もスッキリして

今日も頑張ろうと言う気持ちが戻ります。

心身のストレスが体に与える影響

自分の限界を超えて働いていると
次第にストレスがたまってきます。

それが一定レベルに達すると
物事を悪い方に考え始めてしまいます。

ストレスの影響で
思考がマイナスに向いてしまうのです。

これも心身が影響し合っているからです。

そしてストレスに対処するのは
リラックスが大切です。

リラックスのメリットは大きいのです。

ストレスが一定レベルを超えると
明らかに行き過ぎになります。

「なかなか疲れが取れない」
「ちょっとしたことで気分が落ち込む」
「最近急激に痩せてきた」

などこうした兆候を少しでも感じたら
できるだけ早く体を休めましょう。

そして次にストレスを
溜め過ぎないように、

ときどき

「自分はオーバーワークになっていないかどうか?」

と自分に問いかけてみて下さい。

もう少し続けてみるべきか?
それともしっかり休むべきか?

こうした判断が
自分で出来るようになるのも
人生の重要な経験値なのです。

思い込みとリラックスの関係

催眠状態から目覚めるのは、
体をリラックスさせることが重要です。

私たちが現在抱いてしまっている
思い込みと言うのは、

良いものであれ、
悪いものであれ、

正しいものであれ、
間違ったものであれ

苦労しないで獲得してきたものです。

つまり、必死に努力して
意思の力を働かせて出来あがったものではありません。

同じく、私たちの習慣と言うのも、

良いものであれ、悪いものであれ、

同じように形成されているのです。

身体のリラックスと心のリラックス

なので、

思い込みや習慣を新しく形成する時は、

催眠から目覚めるのと同じく
リラックスした状態で行う必要があります。

身体のリラクゼーションを
毎日実践していくと、

心のリラクゼーションと
リラックスした態度をもたらします。

これによって、

自らの自動制御メカニズムである
意識的なコントロールが可能になるのです。

また、身体のリラクゼーションは、
それだけでネガティブな態度やネガティブな反応の
パターンと言う催眠状態から私たちを目覚めさせる

という大きな威力を発揮するのです。

つまり、リラックスと言うのが
最大のポイントになるのです。

心と身体のリラックス方法と
心身のリラックスと思い込みの
影響とメリットをしっかりと踏まえ、

では、次回から、

メンタルイメージトレーニングを使い
リラックスできる方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。