セロリ・ハーブの薬効成分の特徴・使い方・薬草の効能など

今回のテーマは、

セロリ・ハーブの薬効成分の
特徴・使い方・薬草の効能など

について紹介します。

セロリは人気のある野菜ですが、
薬用ハーブとしても重要です。

東洋では、温と寒を助長する
苦味~甘味のハーブとされ

スパイスの聞いたからい料理などとも
上手く釣り合います。

全草は穏やかな刺激作用、滋養作用、
虚弱体質の回復作用を発揮します。

昔は、冬から早春の野菜として
栽培されていました。

抗毒素作用があるため、
冬の沈滞期の後に浄化強壮薬として
用いられたのです。

種子から抽出された
ホメオパシー製剤は

フランスでは尿の出を良くする効果が
あるとして広く用いられています。

スポンサーリンク

セロリの薬用にする部分と効能

種子

主に利尿薬として利用されます。

体内から毒素を取り除くため
痛風や関節炎に効きます。

やや苦く、消化器系を
穏やかに刺激します。

二年目に花が咲いた後に
採集します。

今日ではめったに用いられませんが、
根は利尿剤として、

尿路結石や尿砂に服用されました。

また苦味の健胃薬、強肝薬
としても作用します。

一般的に野菜として食べる茎ですが、
弱いながらも、他の部分と同じ薬効があります。

生の茎を食べると、
産後の母乳分泌が盛んになります。

野生のセロリの方が有効ですが、
市販の緑色をした品種でも効果はあります。

セロリのデータ

・性質

やや冷、湿、苦味~味、

・成分

揮発成分、配糖体、フラノクマリン、
フラボノイド

・作用

抗リウマチ、鎮静、尿路の殺菌、
尿酸排泄の増加、血圧降下、
ある程度の抗真菌作用

・注意事項

種子に含まれるベルガプテンは、
日光への過敏性を高めることがあるので
日差しの強いときに精油を外用しないこと。

子宮刺激作用があるので
妊娠中は精油や大量の種子を用いない事。

栽培用の種子は殺菌処理されていることが
多いのでからなず食用のものを購入しれ下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。