運動の種類と長所短所を組み合わせ補完する健康の相乗効果


今回のテーマは、

運動の種類と長所短所を組み合わせ
補完する健康の相乗効果

について紹介します。

健康を得るためには
運動と言うのは欠かせないものです。

今回はそんな健康にとって
恩恵のある運動の種類を紹介します。

これこそが良い運動と言うものは
残念ながらありません。

それぞれの種類によって
長所、短所、メリット、デメリットがあり、

いろいろな種類の運動を組み合わせる事で
効果は発揮されます。

栄養素でもそうですが、

一種類に偏るよりも
バランスの良い食事が健康の秘訣ですが、

これは運動にも当てはまります。

健康に恩恵がある運動には、
単純に言うと7種類あります。

それぞれ紹介しましょう。

スポンサーリンク

ウォーキング運動の種類の短所と長所

1.ゆっくりしたリズミカルな動きの運動

この種の運動は主にウォーキングです。

人間の体は、長時間、長距離
歩くように設計されています。

一般的に健康な人は、一日平均
13から16キロほど歩くと言います。

しかし不健康な人の平均歩行距離は
一日この十分の一にも満たないのです。

歩く事が恐らく最も大切な運動であり、
車の運転をするよりも遥かに健康的です。

逆に車の運転は、ストレスレベルを
グンと上げ、身体を酸性にします。

散歩をしてウォーキングをすることで

リンパ系が体内から毒素を出し、
気が経絡を流れるようになり、

地面に足をつけることで、地球の
電磁エネルギーが体内を流れて、

身体をアルカリ性にしてくれます。

散歩というのは、健康だけでなく、
精神の安定や幸福観にも
大きな効果があります。

多くの長所がありますが、

短所としては、長時間歩くだけで
退屈する恐れがある事や、

どうしても外で歩かなければ
行けないので、

天候などに左右される点があります。

ストレッチ運動の種類の長所と短所

2.ストレッチ運動

ストレッチなど
柔軟性を促す運動です。

体はというのは筋肉と
腱と靭帯でできています。

もしあなたが自然の中で、
自然と交流しながら本来あるべき
生活を送っていれば、

日常生活の中で筋肉や腱や靭帯の
ストレッチは自然と行われますが、

多くの人はこれができていません。

体の柔軟性がないと
マイナスエネルギーや毒素が
体のあちこちに為いやすくなるので、

ストレッチというのは
非常に重要な運動です。

ストレッチも長所の多い運動ですが、

やり方を間違えて筋を痛める
などに注意が必要な点は
短所と言えるかもしれません。

筋力を鍛える種類の運動の長所や短所

3.筋力エクササイズ運動

ウェイトなどを用いて、筋肉に負荷を
かける全ての運動を指します。

代表的なものは、重量挙げや
筋力を鍛えるマシンエクササイズです。

とは言えこれは、不自然な形の運動です。

例えばチンパンジーは、
人間の八倍の力があるが、

重量挙げはしませんね。

ただ人間は、ウェイトトレーニングをすれば
筋肉がたくましくなり、体形が引きしまり、
格好が良くなります。

筋力は健康にとって
長所が多いでしょうが、

しかしウェイトトレーニングは
身体を柔軟にしないので、

むしろ身体を硬くして、
体内のエネルギーの流れは悪くなります。

また、激しいトレーニングをすれば
怪我のリスクが上がり、
活性酸素の被害も考えられます。

短所もありますがそれでも、何もしないよりも
どんな運動でもした方がマシです。

ヨガ運動の種類の長所と短所

4.姿勢運動

一定時間、同じ姿勢を取る運動があります。

一番よく知られているのはヨガですが、

ヨガにも色々なタイプがあって、
すべてが姿勢をベースしたものではありません。

ヨガのポーズを取ることで
自然と気の流れが良くなり、

内臓に刺激を与えられるメリットがあります。

エアロビックス運動の種類の長所と短所

5.有酸素(エアロビック)運動

ジョギングやダンス、エアロビクスなど

会話ができる程度に呼吸を
保ちながらする運動です。

有酸素運動は血流に刺激を与え、
身体に酸素を送り、
毒素の排出を促します。

長所としては脂肪燃焼効果
が期待できますが、

長時間の有酸素運動は
活性酸素の害が心配です。

無酸素運動の種類の長所と短所

6.無酸素(アネロビック)運動

しゃべる事も出来ない程
激しい呼吸をしながらするのが
無酸素運動です。

この種の運動は体中に
大きな刺激を与える効果があります。

体内に酸素が送られないため、体中の
細胞を一度存亡の危機に追い込みます。

これは「身体をプログラムし直す」
という意味でとても役に立つ運動です。

毒素の排泄作用を高め、異常な細胞の
活動をストップする効果があります。

短期間で心肺機能や
筋力を上げられるのが長所ですが、

続けると怪我や活性酸素のリスクも
上がるのが短所と言えるでしょう。

トランポリン運動の種類の短所と長所

7.細胞運動

体内の禅細胞にプラスの効果を
一度に与えられる運動は、

現時点では一つしかありません。

ミニトランポリン、リバウンダー
と呼ばれるものを使ってジャンプする事。

この運動によって、リンパの流れが
飛躍的に向上して、

体中の細胞の強さと活力が増します。

健康に対するメリット、長所の
多い運動ですが、

器具が必要、場所が必要な点は
短所と言えるかもしれません

様々な種類の運動の組み合わせで健康に

以上のような種類の運動があるのですが、
これらを組み合わせて健康に効果的な
スケジュールを組むと良いですね。

運動は組み合わせる事で相乗効果があります。

それぞれの長所短所を補完すれば
健康に相乗効果をもたらします。

例えば、

ウォーキングでなかなか
筋力をつける事は出来ませんが、

筋トレと組み合わせると良いです。

ただ筋トレだけをしていれば
循環レベルが上がりません。

ただ運動は自分のペースと言うものがありますので、
様々な工夫をするといいでしょう。

次回はでは運動が私たちの体に
与えるメリットについて詳しく話して行きます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。