レディースマントル・ハーブの薬効成分の特徴・使い方・効能

今回のテーマは、

レディースマントル・ハーブの
薬効成分の特徴・使い方・効能

について紹介します。

レディースマントル(ハゴロモグサ)

波型に緑どられた葉は、
中世の絵画に描かれた乙女の衣を
連想させるようなハーブです。

レディースマントルを始め、

一般に「レディ」あるいは「マザー」
という名のついたハーブは、

月経出血や膣部のかゆみなど
婦人科の症状に効くものが少なくありません。

レディースマントルはタンニンを
多く含むため収斂性が強く、

15~16世紀には
戦場で傷薬として活躍しました。

スポンサーリンク

レディースマントルの薬用にする部分と効能

地上部

収斂作用のある地上部は、
胃腸炎や下痢に良く効きます。

月経困難、月経痛、月経不順、
おりものにも用いられます。

冷やす性質があり、
炎症や感染症を鎮めます。

夏の開花期に採集します。

レディースマントルのデータ

・性質

冷、乾、苦味、収斂味

・成分

タンニン、サリチル酸、フィトステロール、
揮発成分、苦味成分

・作用

収斂、月経調節、健胃強壮、
抗炎症、創傷治癒

・注意事項

子宮刺激作用があるので
妊娠中は使用を控える方がいいでしょう。

子宮出血など急激な変化や
異常が生じた場合は、

専門家の診察を受けて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。