アスリートに学ぶイメージトレーニングの効果やメカニズム

アスリートに学ぶイメージトレーニングの効果やメカニズム
今回のテーマは、

アスリートに学ぶイメージ
トレーニングの効果やメカニズム

について紹介します。

オリンピック選手やアスリートは
巧みにイメージトレーニングの効果を
活用する逸話が多いです。

ヘンリーフォードは

「あなたが、それができると考えても
できないと考えても…恐らく考えた通りになる」

と言う名言を残していますが、

仕事に取り掛かかるとき、
勉強に取り組む時、

それを始めた時の
人の精神状態と言うのは

精巧を握るカギとなるのです。

オリンピックや
スポーツの試合などは特に、

精神力やイメージトレーニングの差が
顕著に現れる場面です。

彼らから学べることは多いのです。

スポンサーリンク

自分は金メダルを取ったことを知っていた

1992年バルセロナオリンピック
男子100メートル決勝で、

金メダルを取ったアスリート
リンフォード・クリスティーは

スタートを切った瞬間から
自分が金メダルを取ったことを
知っていたと語っています。

クリスティーさんは
それまで何度も

心の中でその決勝を走っていたのです。

そして彼は実際の決勝戦では
大きく目を見開いて

鋼のような集中力を
ゴールテープにのみ当てていたのです。

ゴールを切ったあと彼が語ったのは、

「わたしはただ、
焦点を合わせただけだよ」

…と、

決勝で走る8人全員に
金メダルを取る可能性がありましたが、

クリスティーさんには
精神的なパワーがありました。

それはイメージトレーニングのたまものによる
明確なビジョンを描く力です。

イメージトレーニングの効果やメカニズムを
使って成功した例と言えるでしょう。

授賞式の場面を想像した乗馬選手

アメリカで有名な乗馬のコーチで

ジェーン・サヴォアさん

と言う人物がいます。

2000年のシドニーオリンピック
では、アメリカ乗馬チームの
コーチを務めた人です。

彼女がイマジネーションのパワーが
思い込みに打ち勝った例として
興味深い事を言っているのですが、

ある試合において、

どうしても勝てないであろうと思う
事実はたくさんあったそうです。

初めて乗る馬で試合に出ないといけない、

馬はまだ若く、体力もまだない、、

そんな状況から、最高の結果の
イメージをするのは困難だったそうです。

が、彼女はそこで、

試合のイメージの代わりに

授賞式にシーンを鮮明に
イメージしたのです。

瞑想状態で、リラックスして
ウィニングランをしている自分を
思い描いたのです。

そして試合当日、

彼女は本当に
ウィニングランをしていました。

ポジティブなことだけを考えると

こういったアスリートや
オリンピック選手の話は

全く持って信じられないような話かもしれません。

もちろん彼ら、彼女たちは

準備や努力の必要性を軽んじていた
訳ではありません。

でも、

自分が望む結果が
既にでているようかのように

それに思いを集中ささること

つまりイメージトレーニングの成果

これが最終的に成功を収める
要因になったのです。

私たちも彼らから
真似をする事ができるでしょう。

ビジネスの世界でも
学習の面でも、私生活でも、

重要なのは、

旺盛なイマジネーションに

失敗のイメージを呼び起こさないで、

ポジティブな結果を必然とみなし

それだけを考えることです。

そうしたら心の仕組みメカニズムが
目標達成するサポートをしてくれて、

自動的に成功に導いてくれるのです。

ビジネスマンもイメージトレーニングの
効果やメカニズムを多いに活用すべきなのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。