電磁波エネルギーの問題と発生源、有害エネルギー種類リスト


今回のテーマは、

電磁波エネルギーの問題と
発生源、有害エネルギー種類リスト

について紹介します。

例えばコンピューターを
長時間使って仕事をする人は、

目や肩に慢性的な疲労をもたらし、
自律神経失調症など生活に支障をきたす
症状を出す人が少なくありません。

これは、神経疲労の問題だけでなく、

コンピューターが電磁波の発生源であるから
という問題もあります。

現代社会では電磁波の発生源は
身近にたくさんあり、

それらが健康を害するリスクとなるのです。

スポンサーリンク

電磁波の問題のメカニズム

電磁波というのは、
交流電力の振動によって
空間に生じた波の事です。

波が山と谷を一回ずつ描いて
元の位置に戻るまでを一周期とし、

その波が1秒当たり振動する
数を周波数と呼び、

単位をHz(ヘルツ)で表します。

この山から山までの距離を波長というのですが、

1秒あたりの振動数が多くなる
つまり周波数が高くなると波長は
それに比例して短くなります。

つまり、周波数が10倍になれば
波長は10分の一となります。

そんな電磁波のうちで
最も問題になっているのが、

携帯電話などに使用される
超短波(マイクロ波)です。

マイクロ波は周波数が
300メガヘルツ~3ギガヘルツで、

波長が10cm~1mまでの電波の事です。

電磁波の身体への影響

私たちの体に毎日浴びる
不自然な電磁波エネルギーですが、

いくつか種類があります。

世界中で、電磁波を使った
電化製品の健康への影響が議論されています。

例えば、電磁波の人体の影響での
問題になっている一つが

発熱作用です。

マイクロ波のような波長の短く
周波数の多い電磁波は、

物質の水分子を細かく振動させ、
高熱を出す性質を持ちます。

例えば携帯に使われるマイクロ波を
耳に当てることで、

大脳の水分を電子レンジと同じように
発熱させてしまうリスクがあったり、

体内脂肪やたんぱく質を
酸化させてしまうリスクがあります。

恐らく有害エネルギーとして
人体に悪影響を与える可能性のあるものとして
以下のようなものがあります。

電磁波エネルギー発生源と種類リスト

○人工衛星

24時間、365日

地球上に向かって不自然な電磁エネルギーを
送る人工衛星がたくさん飛んでいます。

○レーダー

国防レーダーや気象レーダーなど
有害な電磁エネルギーを日々発信しています。

国が警戒レベルを上げ、レーダーの
パワーを最大値にすると、

気分が悪くなり、疲れやすくなると
発表する人はたくさんいます。

○携帯電話

携帯電話の電源が入っていると、
強力で不自然な電磁エネルギーを吸い寄せます。

一メートル以内に携帯電話があるだけで
影響を受けるといいます。

○電線

現代社会では、街中を張り巡っている電線ですが、
生物に影響を与えるマイナスエネルギーを大量に
発していると言われています。

○コンピューター、テレビ、ラジオ

携帯と同じように電源を入れると
マイナス電磁エネルギーを大量に放出します。

○蛍光灯

蛍光灯の光は不自然で、
頭痛、疲労、免疫低下の
原因となる事は良く知られています。

○電子レンジ

マイクロ波と言うのは食品の電磁構造を変化させ、
生命力のない食品に変化させます。

また電子レンジから漏れるエネルギーも
周辺のものに悪影響を与える可能性があります。

。。。

以上の有害エネルギー種類リストは
頭に入れておいてください。

人間もエネルギーを発する

以上ざっと不自然なエネルギーの
発生源について解説しましたが、

冷蔵庫やラジカセなどの電化製品からも
電磁波は発生し、

電磁波のリスクは
現代人の生活の身近にあるのです。

さらに最も注目すべき
エネルギー媒体があります。

それは、、

○人間

人も電磁エネルギーを発します。

思考もある種の電磁エネルギーです。

脳と言うのは非常に強力な
電磁エネルギーを持った発信機であり受信機です。

ある人のそばにいると、
とても気持ちよく快感に感じるのに、

別の人のそばにいると、
不快に感じることがありますね。

それは人も、電磁エネルギーを発するからです。

また、誰か他人が部屋に入ってくると、
その気配を感じたりするのも同じ理由です。

人間自体が電磁エネルギーを発するのに、

別の何かからの電磁エネルギーが
人に影響を受けないと考える方が、

無理があると私は思うのです。

目に見えないもののリスクを考えよう

以上様々な電磁波エネルギーの
発生源を紹介してきましたが、

電磁波だけでなく、
手かざしやハンドキーリング、気功

なども、オカルトとして片づけられたり、
もちろん中には偽物の詐欺もいる事でしょう。

しかし、

本当に現象として、手をかざすだけで
他人に影響を与えるという現象はあると思うのです。

目に見えないものは影響しない…

それを非科学的と片付けてしまう。

その態度の方が問題があり、
非科学的と思います。

電磁波「だけ」が悪影響という話ではありません。

人体が健康を保つのは
エネルギーだけでなく、
様々な要因が合わさり合っています。

また、もちろんこれらの電磁波の発生源を
完全にストップすることはできません。

パソコンや携帯電話を使わないからと言って
人工衛星やレーダーを個人の力で止めることはできません。

しかし工夫の余地もあるのです。

真に健康的な生き方をしたいならば、

エネルギーと身体の健康の影響、
しっかり考えて行くべき問題だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。