危険な毒素を避け『豚肉』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『豚肉』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『豚肉』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

豚肉の主な成分は
タンパク質と脂肪、
そしてビタミン類やミネラル類などです。

ビタミンB1は牛肉の約10倍もあり、

ビタミンB1はご飯やパンといった
糖質の分解を助け、

エネルギーに変える過程で、
重要な働きをします。

また脳の中枢神経や手足の
末梢神経の機能を維持する働きもあります。

ビタミンB1が不足すると、
集中力低下、疲労感、気分がふさぐなど
症状が現れます。

また豚肉に含まれる鉄分は、
ヘモグロビンの必須成分で、

酸素の運搬、各細胞では
酸素の成分として酸素を活性化させる、
貧血を予防する、

血行を良くして顔色を良くする
などの働きがあります。

鉄分が不足すると
身体は酸欠状態になり、
貧血による症状が現れます。

また豚肉に含まれるリンは
骨や歯を作り、

神経や筋肉の機能を正常に保ち、
カリウムは細胞内外の浸透圧を
維持する働きがあります。

<豚肉に含まれる主な栄養素(100g含有量)>

・ビタミンB1…0.94mg
・ビタミンB2…0.22mg
・ナイアシン…6.5mg
・鉄分…0.7mg

スポンサーリンク

安全な豚肉の選び方と保存法

豚肉にはいくつか種類があります。

安全な豚肉を選ぶなら、
ちょっと予算をオーバーするかもしれませんが、

産地がハッキリとした黒毛豚肉(黒豚)か
SPF豚肉(Specific Pathogen Free Pig)
がベストでしょう。

黒豚は時間をかけてじっくりと育てるので、
安全度が高いと言われています。

SPF豚は、豚舎を消毒し、
滅菌処理をした餌を与えて育てています。

そのため、抗菌性物質を使う
必要が少ないのが安全の理由です。

また、豚肉は脂身の少ない部分を
使うのがより安全です。

豚肉を安全に食べる方法

さてでは普通の豚肉を
安全に食べるにはどうすればいいのでしょうか。

基本的には、

茹でてアクをとったり、
下味をつけるようにします。

薄切り肉は、
肉の脂身の部分をとり除き、

肉の脂身の部分を取り除き
水から茹でるのがコツです。

このほうが脂がよく抜けますし、
抗菌性物質などの不安物質を減らせます。

また、不安物質が
アクになって浮いてくるので

それを丹念にすくえば万全です。

このあと、水気を切って料理に使うもよし、
そのまま野菜と一緒にサラダにしても
美味しく安全に食べられます。

豚肉を安全に健康に食べる調理法

「豚肉の生姜焼き」

は下味をつける調理法が
安心のおススメメニューですね。

安全のコツは、
つけ汁を途中で変えることです。

最初のつけ汁は、
水で倍に薄めて使います。

つける時間は10分くらい。

抗菌性物質など
不安物質が付け汁に溶けだすので、

肉を引き上げて、
つけ汁は捨ててしまいます。

つけ汁を薄めるのは、
味が濃くなり過ぎないためのわざです。

次につけ汁を普通の濃さにして本づけします。

味が染みた所で、ジュッと炒めます。

これが安全な「豚の生姜焼き」の作り方

同じように、

「みそづけ」「粕づけ」

も安全度の高いメニューです。

ただし不安物質が溶け出した
味噌や粕は、

肉をぬぐってよく落とし、
捨ててしまいましょう。

「豚肉のソテー」や「とんかつ」
のように

下ごしらえのできない単純な
料理の場合は仕方ありませんので、

黒豚やSPF豚のような
上質で安全な豚肉を選び

美味しく食べましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。