危険な毒素を避け『牛肉』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『牛肉』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『牛肉』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

危険な毒素入りでない
牛肉を安全に食べるために

まず知っておくべき事は、

一口に牛肉と言っても、

「和牛肉」
「国産牛肉」
「輸入牛肉」

とがあると言う事。

またJAS法が改正されたため、

生鮮食品の一つとして
原産地表示が義務付けられました。

原産地表示について言えば、
国産品は国産である旨を表示します。

この場合は、
都道府県名、地名でも構わないのですが、

輸入品の場合は
原産国名が表示されます。

スポンサーリンク

なお、JAS法では産地を

「一番長く飼育された土地」

だと定義しています。

いわゆる銘柄牛、ブランド牛には

「和牛」と「地域銘柄牛肉」
の二種類があります。

「和牛肉」は品種名を指します。

「和牛」は、法律で4品種

(黒毛和種、褐毛和種、
日本短角種、無角和種)

だけを示す事になっています。

ですから、他の品種を
「和牛」と称するのは法律違反になります。

和牛はもともと食肉用に飼育され、
品種も良く、安全度は高いとみて良いです。

なお黒毛和種がほとんどですが、
供給量が限られているので、
(国産牛の約40%ほど)

この表示の肉が多く並べられている店の場合、
偽装表示のリスクはあります。

「地域銘柄牛肉」というのは、

松坂牛など産地の名前のついた牛肉で、
これが商品名になります。

ただ「●●牛」(●●に地域名が入る)
という形で地域が明示されている場合でも、

必ずしもその地域が原産地を
表しているのは限りません。

また「和牛」と表示されていない限り、
その牛肉は「和牛」ではない事も
知っておくといいでしょう。

そして。和牛や地域銘柄牛肉の安全度は、

国産牛という表示の牛肉よりは
高いと考えて大丈夫です。

次に「国産」とだけ表示されている牛肉ですが、

これには以下のような種類のものがあります。

1.和牛や地域銘柄牛以外の肉専用牛肉

2.オスの乳牛(去勢牛の肉)

3.メスの乳牛(授乳しなくなった乳牛(廃用牛)の肉)

4.黒牛、黒毛牛(外国種のアンガス主系統の肉)

ポイントは、ただ、国産と書いてあるものや
ただ、都道府県名が書いてあるものより、

地域名の原産地表示のあるものを選ぶ事。

国産牛の安全とは銘柄牛に比べると
やや低くなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。