unnamed

健康に良いフレッシュジュース、健康に悪い市販の缶ジュース


今回のテーマは、

健康に良いフレッシュジュース、
健康に悪い市販の缶ジュース

について紹介します。

前回は健康と飲み物に関する
アドバイスをしたのですが、

今回はさらに詳しく、

ジュースと健康に関しての
重要な話をお伝えします。

健康の良いジュースと健康に悪いジュースがあり

しっかり意識して健康に良いものを
とるほど心身の調子は向上します。

簡単に言えば、
市販の加工されているジュースは
健康に悪いもの、

自分で果実をしぼったジュースは
健康に良いもの

なのですが、

私自身はジュースに関しては、

瓶入りも、缶入りも、パックの物も
市販のジュースを買って飲む事はほぼありません。

市販のジュースの恐ろしい加工過程

以前にも紹介した90歳の友人の信念

「人が作ったものを口にしない」

と言うのが健康のルールですが、

市販の大半のジュースの製造過程を調べると、
私が飲みたくなくなる気持ちも分かると思います。

様々な添加物が混入され、
殺菌や保存のためにさまざまな
科学成分が混入されています。

私自身は、フルーツをジューサーで絞った
フレッシュジュースを毎日飲んでいます。

オレンジやリンゴなど質の良い
フルーツをジューサーにかけて、

美味しくて交じりっ気なしの
天然ジュースを作って飲みます。

このジュースは健康にとっても良いものです。

果物そのままで食べるよりも、
栄養分だけが抽出されているため、

ダイレクトに血液に
栄養素を運んでくれます。

ジューサーにかけると言う一手間が
かかりますが、

その手間を遥かに上回る
恩恵を受ける事が出来ます。

自家製ジュースと市販ジュースの違い

案外ジュースなんてどれも同じだろ…
と考えている人が多いのですが、

「自家製ジュース」と「市販ジュース」の
違いとはなんでしょうか?

オレンジを例にとって説明しましょう。

まずメーカーは、売り物にならに様な
最悪の品質のオレンジをジュースのために仕入れます。

もちろんそのオレンジは、
化学肥料、農薬、除草剤、遺伝子組み換えの
オンパレードで栽培されたものです。

そして加工工程でも、
工場でジュースにする際、菌やカビが発生しやすいので、
法律によって加熱殺菌が義務付けられています。

しかしこの加熱によよって、本来含まれていた
生きたエンザイム(酵素)や微量栄養素も壊されてしまい、

自然のフルーツに入っていた
自然エネルギーが破壊されてしまうのです。

果汁100%と謳う製品も
恐らく多くの処理が施されており、

せっかくの果物の健康への
メリットをすべて壊すのです。

甘くて一定の味のジュースの味の謎

また市販のジュースの中には
ラベルには表示されないことが多いのですが、

濾過されたジュースに砂糖が
加えられている事も多いのです。

また砂糖が加えられていない場合も、
濾過と高温殺菌の過程で、
ジュースの甘みはぐんと増すのです。

このおかしな点に気づいて欲しいのですが、

市販のジュースは自然のジュースよりも遥かに甘い事。
市販のジュースは一年中いつも同じ味である事。

何故こんな事になるか?

理由はもう分かっていると思いますが、
加工のプロセスが複雑であり、
私たちが依存しやすいよう加工するからです。

なので私は市販のジュースを飲まず
自分で果物を絞ってジュースにしたものを飲みます。

健康になるために必須の行為だと思います。

味が好き嫌いという以前に健康のために
フレッシュジュースを飲む習慣を持つべきだと思います。

ジュースの健康へのメリット

そもそもなぜジュースを飲む必要があるのでしょうか?

その理由は、前にも言いましたが、

現在の私たちにとって口にできる
果物や野菜は有機であれ何であれ、

100年前と同じだけの栄養価はありません。

作物を作る土にもはや、
栄養価もエネルギーもないからです。

なので、今まで以上にたくさんの
野菜や果物を食べる必要があるのですが、

固形のまま野菜や果物をボリボリと
食べまくるのはかなり大変です。

でもジュースにすれば、果物や野菜の
凝縮された栄養価や生命力を多く取れます。

ビタミン剤などに比べれば、
ジュースを飲む方がはるかに健康に良いのです。

健康に悪いジュースを避け
健康に良いジュースを飲む事が
心身の健康への道と言えます。

なのでぜひあなたにも健康のため
フレッシュジュースを飲むことをおススメします。

とは言え、同じジュースでも市販のものには
栄養価もエネルギーも入っていないので注意です。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。