危険な毒素を避け『貝』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な毒素を避け『貝』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な毒素を避け『貝』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

輸入物の貝は
一年中出回っていますが、

国内産の貝の方がいくらか
危険は少ないでしょう。

中でも旬のもの選べば安全です。

あさりの旬は、晩秋から春先、

シジミは一年中ですが、
寒シジミが一番良いでしょう。

ハマグリは10から3月、

牡蠣の旬は11から2月

下ごしらえをすれば
さらに安全度は高まります。

スポンサーリンク

まずは砂抜き、

アサリやハマグリは
海に住む貝なので、

海水程度の塩水に一晩漬けます。

塩分は3%

なめてみるとしょっぱく感じるくらいの
塩辛さです。

シジミは淡水、或いは淡水と海水が
混じり合った所に住んでいますから、

こちらは真水に一晩漬けます。

どちらの貝も、静かさで
薄暗い所に貝を置いて
リラックスさせると、

呼吸をしながら砂を吐きます。

そのとき、貝の中に溜まった
汚染物質も一緒に吐き出されるのです。

貝は意外と汚れているので
よく洗いましょう。

砂抜きが終わったら
水道も水を流しながら、

貝をいくつか手にとって
こすり合わせて洗います。

剥き身の場合は、
ざるに入れて塩を少々振り、

ボウルの中で振り洗い、

これで汚染物質を減らせます。

青柳などを刺身にする時は
ざるに入れて鍋の中の熱湯に通し

すぐに冷水につけて冷まします。

また良く水気を切る事、

汚染物質がお湯の中に溶けだすので安全です。

牡蠣は内湾養殖のため、
様々な汚染物質がたまっていることが多いのですが、

昔ながらの大根おろしで洗うやり方で、
この危険を取り除くことができます。

たっぷりの大根おろしの中に
牡蠣を入れてかき混ぜ、

ざるを上げます。

ボウルの中に水を流しいれながら、
ざるをに三回振り洗いする。

こうして汚れた大根おろしを
流してしまえば安全です。

この方法は、

剥き身のアサリやシジミにも
応用できます。

大根おろしは、
汚染物質を引き出す力がとても強いのです。

古くから伝わる料理の知恵は
素晴らしいものがあります。

貝料理の中で、
最も安全なのは酢のものです。

下ごしらえは、
割図(お酢を水で倍に薄めたもの)で酢洗い、

その後本格的に酢のものを作ります。

食べるときには酢は飲まない事、
酢の中に汚染物質が溶け出しているかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。