危険な汚染物質を避け『魚』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な汚染物質を避け『魚』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な汚染物質を避け『魚』を安心・
安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

最近では健康志向から和食の
有益性が見直され、

魚料理を好む人も増えてきています。

しかし、地球上の7割を占める海にも
環境汚染はじわじわと広がっています。

なので魚は安全かというと
そうとも言えません。

ここで安全な魚の見分け方、

有害物質を防いで
安心して魚を食べる方法を
知っておく事は大切です。

スポンサーリンク

魚は、

1.回遊魚

2.近海魚

3.養殖魚

と分けて考えると良いです。

安全な順番は、断然

回遊魚、

群れを作り、季節ごとに
かなり広い範囲を移動する魚です。

一か所にとどまっていないので、

化学汚染物質や
有害物質の危険は少なくなります。

だから頻繁に食べるのならば
回遊魚がおススメです。

近海魚は、さまざまな
化学汚染物質が気になります。

まず工場などから排出された
水銀が海を汚し、

有機水銀となって魚を
汚染している場合があります。

脳神経系の障害、

特に胎児などへの危険は多くなります。

公害病と認定された
水俣病も例として挙げられます。

陸地では使う事が禁止されている
有機塩素系農薬も

未だに魚には影響を与えています。

近海魚が河口付近のヘドロに
汚染された水を飲み、

有害物質をはらわたにため込みます。

そしてこの魚が人間の体内に入ると、
発がん性や遺伝毒性の危険も増えるのです。

また今は使われていない、
船底塗料や、漁網に使われる
有機スズ化合物が海にヘドロにたまり、

魚を汚染している危険もあります。

これらの物質は、
胃腸障害、中枢神経系の障害

皮膚障害の原因になるとの指摘もあります。

また環境ホルモンのダイオキシンによる
汚染も見逃せないポイントです。

ダイオキシンが自体に入るルートの
9割以上が食べ物からとされています。

そのうち6割は、実は
魚介類を通じて人体に入るのです。

発がん性や胎児への影響が大きいのが
大変危険で不安な所ですね。

さてこれらの汚染をもろにかぶっているのが
湾岸や沿岸で捕れる近海魚です。

どの魚も汚染されているとは言いませんが、
危険性はある事は承知しておいた方がよさそうですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。