サイコ・サイバネティックスという心理学理論の基本原理と効果

サイコ・サイバネティックスという心理学理論の基本原理と効果
今回のテーマは、

サイコ・サイバネティックスという
心理学理論の基本原理と効果

について紹介します。

成功の為の科学として、

これほど役に立つ心理学理論は
他にはないのではないかと
思えるほど、

パワフルなものです。

サイコ・サイバネティックス

は認知心理学という心理学理論の
一つとして考えられており、

自然科学や工学などから
重要な影響をうけた心理学理論です。

つまり、心理学を
重力の法則や慣性の法則などのように

ある一定のルールに従えば
一定の結果が生まれると言うように考えます。

つまり、
サイコ・サイバネティックス

という心理学理論における
基本的なメッセージというのは

どんな人でも

「成功するように作られている」

ということです。

そして机上の空論ではなく、
世界中で多くの成功者が

この考え方を実践し、
効果を上げてきた方法でもあります。

スポンサーリンク

セルフイメージを変えることの効果

サイコ・サイバネティックスでは、

どんな人にも、自分が考えているより
強大なパワーを持っているものと考えます。

あなたが、成功をおさめ幸せになるように
作られていると考えたならば、

「俺は幸せに値しない…」
「どうせ生まれつき才能がないし」
「やってもどうせ失敗するだけだ…」

などという、セルフイメージは
どれも間違っている事に気づくはずです。

そうです。

あなたはこれから

自動成功メカニズムを働かせるために
ぽちっとスイッチを押せばいいのです。

この機能を働かせるために、

あなたはメカニックの天才になったり
神経学者になったりする必要はありません。

別に自動車を運転するのに
自動車を製造する必要なんて
ないのと同じですね。

ちょっとした基本原理さえ頭に
叩きこんでおけばいいのです。

ある手順に沿ってセルフイメージを
変化させることが出来れば、

あなたは成功できます。

サイコ・サイバネティックスを使って成功する方法

あなたがこれから

サイコ・サイバネティックスを活用し
自動的に成功し幸せになりたいのでしたら

次の事を理解しておいて下さい。

1.あなたに内蔵された成功メカニズムは
目標やターゲットがなければならない。

ターゲット(目標)が何よりも大切です。

行きたい所が明確でなければ
どこにも行けません。

目標やターゲットをとにかく
「既に存在しているもの」
として思い描いて下さい。

そして成功メカニズムは

存在している目標に向かって
導いていったり、

既に存在するものを発見したりして
機能したりします。

手段は関係ないと知る

サイコ・サイバネティックスを
使った自動的な成功法則二つ目は、

2.自動成功メカニズムは
間接的に作用することを知る事

脳を使った成功メカニズムというのは、

「最終結果」としての目標に対して働きかけ、
それに向かって方向付けられるものなのです。

だからそこへ行くための手段が
分からなくても心配する必要はありません。

スーパーに行くために、
歩いていくか、自転車で行くか、

様々な手段がありますが、

その手段が見えていなくても
心配する必要なないと言う事です。

目標さえ設定すれば、

成功メカニズムが手段を提供するように
機能するものなのです。

「年収を三倍にする」

というゴールを設定したならば、

多くの人はその手段が見えずに
不安になってゴールを目指すことを
やめてしまいます。

しかし、スタートをきれば
途中から手段は必ず現れるものです。

これがこの原理の最大の効果です。

人間が想像できる範囲のゴールは
ほぼ間違いなく実現するのです。

今の時点では見えないとしても、
その手段も用意されているのです。

しかし多くの人がスタートの段階で
それが見えないがために挫折します。

しかし最終結果を基に考えれば
手段はおのずとついてくるのです。

だから想像力を働かせ
あなたのゴールをイメージしてください。

恐れや不安は邪魔になる

サイコ・サイバネティックスを
活用した自動法則の3つ目と4つ目が、

3.一時的な失敗や誤りを恐れない事

どんなサーヴォ機構も、

負のフィードバック
によって目標を成し遂げるのです。

つまり、前進し、誤りを犯したら
すぐに軌道修正を行う事で
目標に到達できるのです。

4.どんな技能も、試行錯誤によって
身に付くことができる

誤りを犯してから心の中で
目標を修正して、やがて成功に至る

のですが、

さらに学習を続けることによって、
過去の失敗例を忘れ、

成功した反応を覚えて
模倣できるようになります。

そうすると継続的に成功が
得られるようになるのです。

失敗と言うのはダメージでなく
フィードバックなのです。

多くの人は失敗をネガティブにとらえ
挫折と思いこみ行動を止めてしまいます。

この思い込みを外せば必ず
目標に達成できるのです。

このメカニズムを信頼する

5.自分の「創造メカニズム」が
きちんと働くことを信頼しなければいけない

このメカニズムが働くか気にしすぎたり

必要以上に意識的に
働かせすぎてはいけないのです。

創造のメカニズムというのは、

無理やり働かせるものでもなく
自然に働かせるべきものなのです。

なぜこのメカニズムを信頼しなければいけないか、

それは創造のメカニズムというのは
潜在意識のレベルで働くので、

そのレベルで何が起きているか…というのは
本人には分からないからです。

また、創造のメカニズムというのは
その時の必要に応じて自動的に働くものです。

だから、

あなたが行動し、行動によって要求が出され
初めてそれは働くのです。

保証を得られるのを待って行動するのでなく、
保証があるかのように行動することなのです。

石橋をたたいて渡る事は大切ですが、
叩かない限り確かめようがありません。

そして一歩踏み出さない限り
橋の安全性を確かめる事もできないのです。

誰かが大丈夫と教えてくれるのを待って
居てもいつまでたっても橋は渡れませせん。

サイコ・サイバネティックスという
効果的な心理学理論を基本として

5つの自動成功原則をきちんと
頭に叩き込んでおいて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。