unnamed

解決志向ブリーフセラピー:ソリューションフォーカストアプローチ


今回のテーマは、

解決志向ブリーフセラピー:
ソリューションフォーカストアプローチ

について紹介します。

解決志向ブリーフセラピーは

ソリューションフォーカストアプローチ(SFA)
(Solution Focused Approach;解決志向アプローチ)
とも呼ばれ、

原因の究明よりも、
解決法を重視するのが特徴の
心理セラピーです。

ブリーフセラピーのエッセンスを
初心者にも習得しやすいように
定型化しているので、

今では広く用いられています。

セラピストはクライアントに

「奇跡が起こってあなたの
悩みがすべて解決するとしたら

翌日はどんな一日になるでしょうか?」

と尋ねます。

これはミラクル・クエスチョンと呼ばれます。

そうして「理想の一日」を
クライアントに思い描いてもらいます。

このときに、不眠で
悩んでいるようであれば、

「不眠が解消する事」

ではなく、

「ぐっすり眠れるようになった結果、
仕事がはかどるようになる」

といったふうに、

問題がなくなることではなく、

「問題がなくなった結果になる
望ましい事態」を目標として設定します。

これをウェルフォームド・ゴール
(適切に形成されたゴール)

と言います。

「問題が起こっても不思議ではないのに軽く済んだ」

という過去の経験を「例外」
と位置付けてそこに問題解決のカギがあるとします。

●クライアントを褒め、長所を伸ばす

ソリューションフォーカストアプローチの
基本的なテクニックは、

コンプリメント(ほめること)です。

セラピストはクライアントの
長所を見つけたらすぐに褒めます。

言葉で表現する場合もあれば、
うなずく、ほほ笑むと言った肯定的な
ジェスチャーでも構いません。

褒めることで長所を伸ばし、
クライアントに能力を発揮させようとするのです。

これは、クライアントの事情を
一番熟知しているのはクライアント自身なので、

一番適切な解決法を案出し、
問題を解決できるのもクライアントなのだと言う
考え方が背景にあります。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。