ミルトン・エリクソンの戦略的心理学セラピーの効果と特徴

ミルトン・エリクソンの戦略的心理学セラピーの効果と特徴
今回のテーマは、

ミルトン・エリクソンの戦略的
心理学セラピーの効果と特徴

について紹介します。

ミルトン・エリクソンが創始者である、

戦略的心理セラピーは
「どんなものでも活用する」と考えます。

クライアントの症状が
長年続いたとしても

それは症状に長年耐えられたと言う
忍耐力としてポジティブな資質を表していると見ます。

クライアントを変化させると言う目標のため、
使えるものはなんでも使うと言う
積極的なスタンスをとります。

この方法は、心の病の原因を
過去にさかのぼって長期間分析するような
従来に心理セラピーとはまったく異なります。

またセラピーが進んでいるのかどうかが

ハッキリ判定できるような
具体的な目標のみに限定し、

人格の成長というような
判定困難なグローバルな目標を
治療に持ち込むべきではないとします。

スポンサーリンク

戦略的心理セラピーは
症状に派精神分析派が考えるような
象徴的な意味はなく、

単なる固定化したパターンであると見ます。

「とにかく変化を引き起こす」
事を急ぐ戦略的心理セラピーは

時に想定外の逆説的な行動を
クライアントに指示する事もあります。

●車椅子の催眠術師

戦略的心理セラピーのルーツは

アメリカの精神科医の
ミルトン・エリクソン(1901~1980)です。

彼は生涯を通じて色盲、失音症、
失読症など

重度な身体障害に悩まされます。

17歳のときには生命が
危ぶまれるほどの小児麻痺にかかり、

日常生活には不自由しないほどには
回復したものの、

生涯まひや痛みに苦しみました。

ミルトン・エリクソンは
行動心理学者のクラーク・ハルの
デモンストレーションを見て

催眠に興味を持ち、
州立精神病院で勤務しながら
その技を拡大します。

やがて臨床技術が評判となり、
1950年代には全米で多数の
セミナーを開きました。

またアメリカ臨床睡眠学会の
初代会長も務めています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。