最も効率的に目標達成し成功するため脳の仕組みを活用する

最も効率的に目標達成し成功するため脳の仕組みを活用する
今回のテーマは、

最も効率的に目標達成し成功
するため脳の仕組みを活用する

について紹介します。

驚くべき事に、

私たちの脳と言うのは
自動的に成功するように
メカニズムがされています。

その脳の機能を通常通り使えば

最も最短距離で効率的に
目標まで向かい達成するのです。

過酷な大自然をしぶとく生き抜くために
私たち人間の脳は

極力無駄を省き大切な事ができるよう
効率的に作られています。

「え?…でも私は成功できていません。
私の脳には欠陥があるのでしょうか?」

いいえそんなことはありません。

恐らく何かしらかの
インプットが間違っていた可能性があります。

ちょっとだけ軌道修正してあげれば
あなたの脳も驚くほど正確に精巧に

目標に向かって効率的に
進んでくれるようになるでしょう。

最も効率的に目標達成し成功するため
脳の仕組みを活用するといいでしょう。

スポンサーリンク

自動的に効率的な道を探る脳

脳と言うのは無意識で自動的に
まるで高性能ロボットのように、

最も効率的な力で
目標達成しようとするものです。

例えば考えてみてほしいのですが、

あなたは野球をしていて

センターフライをキャッチする行動を

想像してみてください。

ピッチャーが投げました。

バッターが打ちました。

打球がセンター方向に飛んでいきます。

このときセンターの選手は、

本来なら、打球の速度や、方向、
速度の減少率、落下曲線、風の影響など、

全てを考慮して計算しているはずで、

また、本人の打球の落下地点へ
到達できるまでの早さや、時間なども
計算しないといけないハズです。

こんな計算をしようと思えば、
科学者が机に向かって何時間も考えても
足りないくらい複雑なものです。

しかし、実際は、

そんなこといちいち考えていないし
考える余裕もありません。

ただ、目や耳から入ったデータをもとに

脳のコンピューターが、

打球を打った瞬間に情報を選択し、

保存されているデータ
過去にフライをキャッチした成功の体験や
失敗の経験を比べながら、

必要な計算を一瞬でやり、

身体の筋肉は自動的に動くのです。

そして目標に向け

「ただ走る」のです。

ロボットのように自動的に
身体が目標に動くのです。

成功するため脳の仕組みを活用する

この脳のメカニズムの特徴は
意識的に使えば効果を発揮します。

脳は以前の行動を覚えています。

どうすれば成功したかを覚えています。

成功を記憶し、失敗を忘れ、

成功した行動を習慣的に繰り返します。

自動的に効率的にです。

このメカニズムを目標達成に
うまく使わないといけません。

「ペットボトルの水を飲む」

と言うゴールを達成しようとするとき、

恐らく一番始めにペットボトルを
開けて飲んだときは苦労したはずです。

『腕の力をこれだけ塚て
これをこっちに回して、

力をこれだけ入れて、
口にキャップを近づけて、

適切なバランスで口に入れる』

しかしそれも慣れれば、
何も考えないで飲んでいるはずです。

これが脳の作用なのです。

「水を飲む」と言う目標以外でも

「年収を3倍に上げる」
「体脂肪を13%にする」
「素晴らしい異性とつき合う」
「ポルシェを買う」
「資格に合格する」

…でもどんな目標にでも
同じように作用するのです。

もちろん、現状の自分の位置と
理想の位置が遠ければ遠いほど
時間はかかります。

が、どれだけ遠い位置でも
脳はその中から最も最短で
効率的な位置を探し出し、

あなたに認識させようとします。

脳を使えば自動的に成功する

ちょっと想像してみて下さい。

あなたは真っ暗な部屋にいて
どこにあるか分からない鉛筆を探している

という状況にいます。

テーブルの上にある色々なものと一緒に
鉛筆がある事は分かっているのです。

それを探すならどうするか。

無意識的に手探りを始め、
その手はジグザグな動きをして

ものを一個ずつ排除しながら、

やがて鉛筆を見つけて

「認識」します。

これがサーボ機構の二つ目の
大きな特性です。

例えば、度忘れしてしまった名前を
思い出すのもこの特性です。

脳が鉛筆を探したように
スキャニングして

正しい名前を見つけるまで
記憶の中身を探るのです。

この場合は、まず

マシンに大量のデータを入れる必要があります。

蓄えられた記憶された情報こそが、

マシンの(脳の)メモリとなる(記憶となる)のです。

ある問題が出されると、

マシンは記憶をスキャニングして、

やがて問題のすべての条件に合致する
たった一つの答えを見つけ出します。

また問題の一部を与えられると
マシンはぴったりパズルを合わすように

残された片割れを見つけて
システムを完成させようとするのです。

そうです。

きっかけさえ与えたら、脳は
全て自動的に答えを導くのです。

最も効率的に目標達成し成功するため
脳の仕組みを活用するべきなのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。