有機野菜や果物、天然食材でローフードが理想の食事法ですが…


今回のテーマは、

有機野菜や果物、天然食材で
ローフードが理想の食事法ですが…

について紹介します。

今までの話を聞き、

食物は毒まみれ…
加工食品は添加物だらけ、、、
さらに電子レンジも使えない。。。

「じゃあ、一体何を食べ?何を飲めばいいのか?」

そう感じた人もいるのではないでしょうか。

本当の理想を言えば、

有機野菜や果物、天然食材を
できるだけ手を加えないで
ローフードなどで食べる

これが理想の食事法です。

有機栽培によって育てられた、
100%自然の果物や野菜「だけ」

を食べるのが理想です。

さらに言えば、

加熱調理をすると、生きた酵素がなくなってしまうので、
できるだけ「すべて生のまま」で食べる方が良いです。

が、あくまで理想は理想として、
しっかり認識した上で、

現実的な所から始めましょう。

スポンサーリンク

有機野菜、果物の健康へのメリット

有機栽培、オーガニックというのは

一般に無農薬、有機肥料での栽培法、
或いはその方法で栽培された農作物を指す言葉です。

一般的に手に入る
食材より割高ですが、

有害物質のリスクの低さ、
含まれる栄養価の高さ

からいえば、
その価値は数十倍以上あります。

健康に値段は付けられません。

どのような価値観で、
どのように物事を捉え、
何を選択すべきか、

結局は消費者側の
創造力や判断力理解力が問われるのですが、

農薬や化学肥料を使った農業は

見た目がきれいで大きさのそろった
野菜や果物が

いつでも安く手に入ります。

…つまりそれを要求する消費者に
答えるべくして行われているのですが、

皮肉なことに、
それが回り回って私たちの健康を害します。

ある意味自業自得とも言えるのです。

理想の食生活を言えば、

結局のところ常に

「自然かどうか」と基準にすれば
大きく道を外さない事でしょう。

農作物も家畜も魚も
できるだけ天然食材であれば
あるに越した事はありません。

ローフードの食物酵素のメリット

ローフード(生の食べ物)のメリットは、

食物酵素(エンザイム)の
恩恵が存分に得られる事です。

生の食べ物には、
食べ物が自らを消化する為の

「食物酵素」が豊富に含まれています。

消化活動というのは人体にとって
たいへん負担がかかる活動です。

すべての消化を体内の
酵素でまかなおうとすると、

他の器官で使われるべき栄養素まで
消化酵素の産出のために使われてしまいます。

すると栄養素を奪われた器官では
細胞がまともに働けなくなります。

しかしローフードであれば
食材に含まれる酵素が自ら消化を
進めてくれるので、

体は消化酵素の産出という
激務から解放されるのです。

そしてそれ以外の仕事に精を出すことができます。

食べることほどエネルギーを
消耗するものはありません。

野生動物が怪我したり体調を崩した時、

何も食べずにじっとしているのですが、

それは消化に使うエネルギーや
酵素を節約して、

身体の修復に使うためです。

またローフードであれば
食事の内容は

野菜や果物など植物性食品が中心となります。

これらはもともと
ビタミンやミネラル、ファイトケミカルや
水分が豊富なうえ、

加熱調理による栄養素の破壊や
流出の心配もなくなるのです。

加熱が必要な食材もありますが、
生で食べれるもの、

特に野菜や果物は
ローフードにメリットがあります。

ベジタリアンが理想の食事法!…とは言えない

またこう言った理想の食生活を紹介すると、

「ベジタリアンになるべきでしょうか?」

…と質問されるのですが、

この答えは、どちらが良いか
私には何とも言えません。

健康=菜食主義と
思い込んでいる人が稀にいますが、

お肉と言うのは素晴らしい
タンパク質源にもなります。

肉が悪いのでなく、あくまで肉に含まれる
化学物質が体にとって良くないのです。

ベジタリアンが健康にとって最高で、
肉食をすることが健康にとって最悪とも思わないのですが、

ただ一つだけ、

食生活により多くの生野菜や果物を
取り入れた方が健康に良い

と言う事は間違いなく言えます。

そして、その食材はできる限り
天然に越した事はないという事です。

外食を出来るだけ減らして行こう

また、この理想の食生活に関して、

「じゃあレストランで食事をする場合はどうか?」

と言う質問も良く受けます。

このレストランで食事と言うのは
健康にとって案外大きな問題ですが、

基本的な考えとして、
レストランで安全にモノが食べれる
と言う事はほぼ無いと思います。

特にチェーン店などの食事は
健康にとって素晴らしいとは言えません。

できるだけ外食は控えた方が
健康になることができます。

とは言え、
私もレストランで食事をすることはあります。

それほど、狂信的な健康志向の
パラダイムは持っていません。

無理をし過ぎる事もストレスをためてしまい
健康にとって良くはありません。

しっかりとした知識を持ちながら
出来る限りのことをしようと努力すれば
OKだと思います。

理想の食事法..できることから始めよう

100%有機食材を野菜や果物を生で食べる。。

とは言え、これはあくまで真の健康を
得るための理想の食生活ですから、

出来る事、現実的なことから始めるべきです。

いきなり理想を完璧に実現できる
人はそう多くはないと思います。

徐々に食卓に有機野菜を取り入れたり、
少し生食のローフードレシピを増やしてみたり、
肉や魚も天然食材を入手してみたり、

少しずつ理想を目指して行きましょう。

そうするだけで健康体を
得る事も可能になってきます。

ただし真の健康を目指す上で、

ファーストフードだけは
私は避けた方が良いと考えています。

ファーストフードの食事は
健康を害する食事の典型です。

以上のアドバイスを踏まえ、
出来るだけ理想的な食生活を送って行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。