ナラティブ・セラピー:人生を肯定的にとらえる心理セラピー

ナラティブ・セラピー:人生を肯定的にとらえる心理セラピー
今回のテーマは、

ナラティブ・セラピー:
人生を肯定的にとらえる心理セラピー

について紹介します。

ナラティブ・セラピーでは、
客観的な事実というものは存在せず、

各人の視点で解釈された
現実があるだけというポストモダンの
影響を強く受けた心理セラピーです。

クライアントのこれまでの人生を
新しい角度から解釈し、

より建設的な現実構築を目指します。

ナラティブ・セラピーでは
人はそれぞれのストーリーに基づいて
人生を解釈していると考えます。

このストーリーがその人の生き方や
対人関係を規定しているとされます。

なのでストーリーを変えれば
感じ方や考え方も変わるのです。

セラピーを受ける前にその人の人生に
対する見方を決定していたストーリーを
「ドミナントストーリー」と呼びます、

スポンサーリンク

これに対してセラピストとの
共同作業によって新しく構築される
ストーリーが「オルタナティブストーリー」です。

●ダメな自分は自分の外にある

ナラティブ・セラピーでは
「外在化」という方法がよく用いられます。

これは人生におけるネガティブな出来事を

「ダメな自分の失敗物語」

として語るのでなく、

「自分以外の何かがそうなるように作用した」

と外部に原因があるかのように書き直します。

例えば、

怠け者の私は試験で赤点を取ってしまった」

ではなく

「怠け心が私の足を引っ張って赤点を取らせた」

という具合です。

これによって社会や親から
押しつけられた

「お前は怠け者だ」

というネガティブな自己規定のもとに
書かれたドミナントストーリーが
オルタナティブストーリーに書きなおされます。

ナラティブ・セラピーはもともと
家族療法のニューウェーブとして登場しましたが、
現在では個人療法への適用が広がっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。