マレー・ボーエンの複家族療法:夫婦を観察のカップルセラピー

マレー・ボーエンの複家族療法:夫婦を観察のカップルセラピー
今回のテーマは、

マレー・ボーエンの複家族療法:
夫婦を観察のカップルセラピー

について紹介します。

複家族療法は
統合失調症や反社会的行動は
家族関係に原因があると考え、

クライアント個人だけでなく、
その家族全員にセラピーを行います。

創始者はアメリカの精神科医の
マレー・ボーエン(1913~1990)

彼は精神分析から出発し、
統合失調の精神分析的研究を
行っていました。

そのとき、退院しても家に戻ったとたんに
また再発するという患者を目の当たりにして、

患者の家族関係に注目し始めます。

統合失調症患者と、
その母親を病院に寝泊まりさせて
観察するなどの研究を重ねた結果、

ボーエンは家族の一人一人が
自主性を持っていないことが
問題の原因となっていると考えました。

親子が過度に依存し合った状態だと、
子供は知性と感情の分化度が低くなり

自立が必要とする年齢になっても
その課題を果たせず、

精神的な疾患となって
現れやすくなると言うのです。

スポンサーリンク

また、そのような家庭環境で育った
子供が親になると、

自分の子供に対しても
依存的な関係を築こうとする
傾向があります。

このように、問題のある親子の関係が
世代間で伝達していき、

やがて数代を経て非行などの
反社会的行動や統合失調症などの
形で表面化するとされます。

●他の夫婦を見て、夫婦関係を見直す

ボーエンは家族の問題は
まず夫婦の間で顕在化すると考え、

問題を抱えた夫婦のために
複家族療法という方法を考えました。

3,4組の夫婦を集め、
1時間半ほどカップルセラピーを行います。

このとき、1組の夫婦のセラピーが
行われている間、

他の夫婦はその様子を観察します。

他の夫婦の様子を見ることで、
自分たちのどこにどのような問題が
あるかを学習するのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。