電子レンジは健康にとって危険?食品への悪影響とデメリット


今回のテーマは、

電子レンジは健康にとって危険?
食品への悪影響とデメリット

について紹介します。

あなたは電子レンジをよく使いますか?

今や電子レンジのない家庭はないと言えるほど、
日本の家庭には普及しています。

簡単に食品を温めることができる
忙しい現代人にとってとても便利な道具で、

普段何気なく、食品をチンしたり
電子レンジを使って温めることがある人が
ほとんどだと思うのですが、

電子レンジを使う事は
健康にとって危険があり、
害があると言う話があります。

見た目では分からない部分なので、
その危険性を実感しにくい事ですが、

実は十分に悪影響などを考えて
考慮すべき問題だと思います。

スポンサーリンク

電子レンジの電磁波は安全か?

電子レンジの仕組みを簡単に言うと、

超短波の電磁波を発生させ、
それを非加熱物に照射することで、

被加熱物内部の水分子を
振動させ温めるという仕組みです。

つまり、電磁波で食品の中の
水分子を激しく振動させて

内部から温めているのです。

そして別で解説したとおり、

電磁波が人体に悪影響を及ぼす事は
良く知られていますが、

なので、電子レンジや電磁調理器など、

使用時に電磁波が発生する
調理機器に対しても、

外部に放出される電磁波の
危険性が指摘されています。

では、もし、、

そのリスクを電子レンジメーカーが
絶対に外に電磁波が漏れないように
工夫すれば問題ない

と考えているならば、

認識がまだ甘い可能性があります。

電磁波が食品へ与える悪影響や
デメリットを認識すべきでしょう。

エネルギーレベルの低下した食品

前回まで、食品添加物や加工食品が
身体に良くない理由をお話ししてきましたが、

さらにこういった加工食品が
身体に良くない理由があります。

人が物を食べると言う意味において、
食べ物からの栄養価がもちろん不可欠なのですが、

実は「振動」と言うのも大切です。

振動と言うのは、食材が持つ
測定可能な生命エネルギーのことです。

「食べ物のエネルギーなんて怪しい事言いだしましたね」

…と言う意見もあると思うのですが、
私自身は生命エネルギーの存在を信じています。

例えば、
電子レンジが生命エネルギーを奪う
実験としてこんなものがあります。

電子レンジで沸騰させた水と、
普通にヤカンで沸騰させた水を

同じ植物に与えると言うものです。

この実験の結果、

電子レンジで加熱した水を与えられた植物は、
数日で枯れてしまうのです。

つまり、電子レンジで加熱されたものには
水でさえ命を養う力が失われてしまうと言う事、、

人体とエネルギーの関係について
今後、機会があれば詳しく解説していきますが、

食物にはそれぞれ固有の振動エネルギーがあるとされ、
人はそのエネルギーを食物から得ていると言う話があります。

電子レンジに使われる有害エネルギー

電子レンジに使われる
マイクロウェーブというのは、

放射線の一種です。

放射線は医療の現場でも
「放射線治療」などで使われる、

使い方さえ間違えなければ
怖くないと主張する人もいますが、

安全が確保されている
放射線治療においても

激しい副作用があるのは
広く知られている事です。

短期間で加熱できるのが
電磁レンジのメリットですが、

なぜ短期間で加熱できるかと言えば、

自然界ではあり得ない速度での
振動が食品内部で生じているのです。

そんな自然界ではあり得ない状態に、

果たして食品の細胞や遺伝子は
耐えられるのでしょうか?

放射能汚染が遺伝子を破壊するるように、
マイクロウェーブでの照射を受けた

食品に遺伝子が傷つく可能性は
かなり高いと考えられます。

やはり、食物に科学的に、また人工的に
遺伝的に変化を与えたりすると

エネルギーレベルが
大きく変化してしまいます。

そういったエネルギーレベルの観点から見ても
加工食品と言うのは有害になるのです。

また、特に高度に加工したり化学物質を加えたりすると
その食物のエネルギーは大きく変化します。

そう意味において実は、
電子レンジというのは危険なのです。

食品への悪影響とデメリットがありえるのです。

電子レンジは「便利」だが「危険」

世界各国で電子レンジにかけられた
食品の安全性が研究されていますが、

まだはっきりとした結果が出ていないのも事実です。

しかしこの事は逆に言えば、
安全だと言う保証もないと言う事です。

電子レンジでチンした食材は健康にとって有害
と言う話は健康マニアの中では常識として存在します。

そして彼らは電子レンジを決して使いません。

電子レンジは、食品のエネルギー構造を
極端に変化させる可能性が高いです。

自然食品に電子レンジを使うと
せっかくの食品のパワーが落ちます。

さらに加工食品に電子レンジを使えば
それはもはや体に有害な食品になり変わる
可能性だってあるのです。

電子レンジや、遺伝子操作によって
エネルギーが変化した食べ物を食べ続けることで
体内バランスは崩れます。

それが病気の原因ともなるのです。

電子レンジはすぐに温かい食べ物が食べられる
とても便利なものですが、

前回紹介した加工食品と同様に

「便利」という甘い言葉の裏には
健康にとっての闇が存在するのです。

便利さというメリットはありますが
食品への悪影響とデメリットがあるのです。

私はよほどのことがない限り
電子レンジを使う事は避けるよう
アドバイスしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. MILK より:

    まずですが、電子レンジの加熱が「振動」というのは誤りです。
    難しい事象となるので、動きだけを追うならば「振動・摩擦」という言葉が分かりやすいので多用されていますが、誘導電流と呼ばれるものを水そのものが生み出し、
    そのエネルギーが拡散されて水分から温まります。

    また、マイクロウェーブが放射線の一種、という言葉は詭弁なので気を付けてください。
    何故詭弁かと言うと、「放射線」とは「電磁波の一種で、周波数の極端に高いもの」を指し、電磁波は周波数が異なれば「放射線」であるガンマ線・X線、紫外線、我々が目にする「可視光線」、赤外線、そして「マイクロ波」と周波数が低くなるにつれて呼び方が変わります。
    つまり、「マイクロウェーブがレベルの低い放射線」なら「可視光線はマイクロウェーブ以上のレベルの放射線」と言わないといけないのです。
    仮に放射線として分類しても、可視光線以下のマイクロ波を含むものは「非電離性放射線」と呼ばれる「エネルギーの強弱に依らず分子へ直接影響を与えられないもの」に分類されています。

    • admin より:

      MILKさま、コメントありがとうございます。
      大変勉強になります。ぜひまた色々と教えてください。

  2. MILK より:

    書き漏れておりましたが、
    >電子レンジで沸騰させた水と普通にヤカンで沸騰させた水を同じ植物に与える
    というこの実験ですが、比較している5日後とかの写真は、同じ写真を使っており、
    5日後とした枯れた写真を加工して、1日目の写真を作っていることが判明してます。
    これは、デジタルの写真に残るExifと呼ばれる、カメラの設定や撮影日時に関する情報が全く同一のものであったことからも確認されています。
    http://akumania.fc2web.com/2006/denshirengi/photo-anime.html
    また、再現しやすい実験だからか、探せば多くの人が実験を行って公開しています。
    それによると、大体7~8割の人が枯れることなく成長しており、
    場合によっては発芽後の成長が早いなどもありました。

    こうした、危険説や有害説などは一度、その情報が本当なのか疑った方面でも確認をしてみることをお勧めいたします。

    • admin より:

      MILKさま、コメントありがとうございます。
      その通りですね。
      これからの時代に本当に必要なのは
      「全てを疑う」思考力かもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。