フランクルのロゴセラピー:人生の意味を考える心理セラピー

フランクルのロゴセラピー:人生の意味を考える心理セラピー
今回のテーマは、

フランクルのロゴセラピー:
人生の意味を考える心理セラピー

について紹介します。

ロゴセラピーは
人生に意味を見出すことによって
心の問題を解決する心理セラピーです。

創始者のエミール・ヴィクトール・フランクル
(1905~1997)はウィーン出身の心理学者、

フロイトやアドラーに学び、
病院の精神科の副部長を
勤めていました。

彼はユダヤ人であったため
ナチスの台頭に伴い

37歳の時家族ともども
強制収容所に収容されてしまいます。

この時の体験が
彼にフロイトへの疑惑を抱かせます。

もし性欲が人間にとって
根源的なものであれば、

強制収容されても
最後まで残るはずですが、

実際には性的な夢を見る囚人はおらず、
むしろ囚人たちは神や政治について
考えるようになっていきます。

スポンサーリンク

また、体力のあるものが
長生きするわけでもなく

家族者社会との大切な絆を
持っている内向的な囚人の方が
長く生存しました。

さらに全てを奪われ、
管理される収容所内でも

考えたり思い出に浸ったりする
心の活動の自由は奪えないと言う事が

フランクルの根源的な出発点になりました。

●人生の意味を導きだすセラピー

フランクルのセラピーは、

まず「ソクラテス的対話」によって、
クライアントが自らの人生の意味を
どのように考えているのか導きだします。

ソクラテス的対話とは、
質問者があえて無知を装いつつ
対話する方法です。

特徴的なのは「逆説技法」を用いることです。

例えば「緊張するとどもってしまう」
という悩みに対して、

「もっとどもるようにしてみなさい」
と逆説的な支持を行います。

また「脱反省」という技法では、

ノイローゼの人々に
何らかの活動にうちこむことを
すすめています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。