パールズのゲシュタルトセラピー:自分に気づく心理セラピー

パールズのゲシュタルトセラピー:自分に気づく心理セラピー
今回のテーマは、

パールズのゲシュタルトセラピー:
自分に気づく心理セラピー

について紹介します。

ゲシュタルトセラピーは、
ユダヤ人の精神科医である

フレデリック・パールズ(1893~1970)

によって創始された心理セラピーです。

「ゲシュタルト」はドイツ語で
「形、形象」を意味する言葉です。

ゲシュタルトセラピーの
大きな特徴が、

「いま、ここ」と強調する所で、

パールズ自身は
精神分析の影響を強く受けていましたが、

幼児期の経験などを
詳しく聴取するべきとは考えませんでした。

それらはアンフィニッシュド(未完了)
なものとして現時点でのその人の
行動の中に現れてくると考え、

自分が今している事に
「気づく」という事を重視しました。

スポンサーリンク

●自分自身に気づく

ゲシュタルトセラピーでは

セラピストはまずクライアントに
「気づき」を促します。

例えば

「今こぶしを握りしめている事に気づいて下さい」
「今口元が緩んだことに気づいて下さい」

といった具合です。

それから、

「あなたのにぎりしめた拳は
何をしようとしているのですか?」

などと問いかけて、

どのような未完了の感情が
潜んでいるのかをクライアントに気づかせます。

時には

「その握りしめた拳になってみて下さい
その拳はなんと言っているでしょうか?」

といった問いかけも行われます。

対人関係の問題が
未完了になっている場合には

空き椅子を向かい合わせ

そこに相手がいると想像しながら、
今生じてくる感情を言葉にする
という手法も用いられます。

ゲシュタルトセラピーでは
感情を表出することが推奨されます。

泣き叫んで拳でマットをたたくような
ワークショップが急速に広まったのも、

ゲシュタルトセラピーの
影響によるところが多いと言われています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。