カール・ロジャーズの来談者中心カウンセリングの効果と特徴

カール・ロジャーズの来談者中心カウンセリングの効果と特徴
今回のテーマは、

カール・ロジャーズの来談者
中心カウンセリングの効果と特徴

について紹介します。

来談者中心カウンセリングでは、

セラピストがクライアントを
無条件に受容し尊重することで、

クライアントも自分自身を受容し、
尊重するように促します。

この心理セラピーの創始者は、
アメリカの臨床心理学者の

カール・ロジャーズ
(1902~1987)

彼は精神分析や行動療法が
人間の主体性や成長力、創造力などへの
視点を書いているのに不満を抱き、

1951年に
「来談者中心カウンセリング」を出版し、
自分の立場を広く公開するようになります。

ロジャーズは、
心理的不適応状態を

以下のようなメカニズムに
よっておこると考えました。

人は「私は穏やかな性格である」
というような自己概念を持っていますが、

この自己概念に合致しない体験は
意識から排除されてしまいます。

そのために本人は穏やかに
ふるまっているつもりでも、

よそよそしいしゃべり方になっていたり、
その結果、本人の意に反して人々が
遠ざかってしまうと言った現象を引き起こします。

スポンサーリンク

●ありのままの自分を受け入れる

クライアントが

こんな感情を出したら
批判されるのではないか、

というリスクを感じずに、
ありのままに受け入れられれば、

自己概念にそぐわない
体験を排除する必要もなくなります。

ロジャーズは、否定、肯定の
両面を含めた自らの感覚に
自然に反応できる事が
人間の健全な反応であると考え、

これを「十分に機能している人間」
と呼び、自分のセラピーの目標にしました。

実際の来談者中心カウンセリングの
カウンセリングでは、

セラピストは自分から話題を
誘導することはなく、

クライアントの言葉を肯定的に受容し、

その言わんとする所を
要約しつつ進められます。

特にクライアントの言語外の感情を
セラピストが言語化し、

それに共感することが重視されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。