危険な農薬などを避け『メロン』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬などを避け『メロン』を安全に健康に食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け『メロン』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

高級品であるメロンには、
お見舞い品や贈答品などの
イメージがあり、

風邪で寝込んでしまったときなど
「何が食べたい?」と聞かれると

つい「メロン」と答えてしまいます。

比較的農薬など有害物質の
使用が少ない果物ですが、

万全を喫して安全で健康に
メロンを食べるようにしましょう。

アフリカがメロンの原産地ですが、
ヨーロッパを経て明治時代に
日本にもたらされました。

現在では、ガラス温室で
コンピューターによる自動栽培が
主に行われています。

スポンサーリンク

メロンに含まれる危険な農薬、有害物質

メロンは果物中では農薬など有害物質を
あまり使っていない比較的安全なものです。

なぜかというと、農薬を多量に
使わなければならないような
条件のもとではメロンは育たないからです。

しかも、温室または
ビニールハウス栽培が多いので、

ダイオキシンの危険もそれほどありません。

特に旬の時期は安全です。

プリンスメロンやアンデスメロンの旬は5~6月

アムスメロンは6~7月が旬です。

メロンの安全な食べ方

たとえ多くの有害物質や農薬を
使用して育てられたメロンであっても、

そうした農薬が残留しているのは
外側の果皮部分です。

当たり前の話ですが、
メロンの安全な食べ方は

皮を残して食べる事

通常メロンの皮は食べない部分ですから、
表面を水洗いしておき、

皮から1センチほどの部分は
食べないようにしておけば安全です。

美味しいメロンの場合
皮ギリギリまでスプーンで
すくって食べたりするものですが、

ところがここまで食べるのは
ちょっと危険があります。

特にお子さんには、
あまり皮の近くまで食べさせないよう、

皮と身の間を、あらかじめ
ナイフでカットしてあげると良いでしょう。

メロンの安全な選び方と保存法

メロンの安全な選び方としては、

持った時にずっしりと重く、
表面の網目が細かく、

色みが均一のものが良質のメロンです。

熟すまでは常温に置き、

芳香がたち、果軸と反対側が
柔らかくなってきたら食べごろです。

プリンスメロンは
「白っぽく中玉以上の大きさのもの」

網のあるメロンは
「網が良く張っているもの」

を選ぶようにしましょう。

メロンの保存法のコツは、

熟すまで常温で保存しておき、
下部が柔らかくなって

美味しそうな香りが漂い始めたら
食べる直前に数時間冷蔵します。

カットしたものは
ラップで切り口を密閉してから
冷蔵庫の野菜室に入れると言いでしょう。

メロンの健康への作用

メロンには、
果糖、ブドウ糖、ショ糖などの糖質が多く、

ビタミンCやカリウムが豊富です。

メロンのカリウムは
利尿効果があるので、

余分な水分を排出し、
むくみを取るなどの働きをします。

メロンの豊富な糖質は、素早く
体に吸収してエネルギーに変わります。

朝に食べると、気持ちよく
身体と頭を目覚めさすことができるでしょう。

またメロンは風邪に効く
ビタミンCも多く含んでいます。

ただし、メロンには
身体のほてりを冷ます効果があります。

そのため夏の暑い日など、
身体を冷やして水分補給する
フルーツとしては最適なのですが、

食べ過ぎると、身体が冷え過ぎて
しまう場合もありますので、
注意が必要です。

メロンの薬効としての作用

・ビタミンA…12㎍
・ビタミンC…25mg
・カリウム…350mg

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。