アイダ・ロルフのロルフィングの効果:体と骨格を癒すセラピー

アイダ・ロルフのロルフィングの効果:体と骨格を癒すセラピー
今回のテーマは、

アイダ・ロルフのロルフィング
の効果:体と骨格を癒すセラピー

について紹介します。

ロルフィングは、
身体に指を深く差しこんで、

筋肉と骨格を結びつけている
筋膜に指を引き延ばすように
マッサージを行うものです。

創始者である
アメリカの生化学者の

アイダ・ロルフ(1896~1979)

によれば、

もっとも望ましい
人間の身体の姿勢は

肩、腰、骨、くるぶし

が一直線に並んだものであるとされます。

生来の人間の体は
この姿勢を取れるようにできているのですが、

成長するに従い、
外傷や心理的な要因のために

半永久的なゆがみが生じてしまいます。

スポンサーリンク

例えば、
小さな怪我でもその部分を
かばおうとして不自然な姿勢になるために

骨や筋肉組織が理想的な
位置からずれてしまい、

そのまま固定されてしまうと言う訳です。

ロルフィングでは
このように固くなってしまった
筋肉を伸ばし、

身体がなめらかに動くようにします。

その効果は永続的と言っていいほど、
長期的に持続すると言われます。

●ピアニストの手を治すロルフィング

ロルフは若い事、
馬に蹴られて高熱を出し
肺炎のような症状になったことがあります。

そのとき、
オステオパス(整骨療法士)の
治療を受けて症状が改善したことから、

「体の構造が、その機能を左右する」

というオステオパシーの
原理に関心を持つようになって行きました。

以降、彼女はオステオパシーを
はじめとする様々な療法を研究し、

それぞれの長所を積極的に取り入れつつ
独自の理論を打ち立てて行きます。

そして40代の半ば頃、
自己によって演奏不可能になった
ピアニストの手を治療し、

再びピアノ演奏ができるように
快復させたことから、

彼女のもとには多くの人が
治療や教えを請うて訪れるようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。