アレクサンダーテクニック:身体の緊張を取る心理セラピー効果

アレクサンダーテクニック:身体の緊張を取る心理セラピー効果
今回のテーマは、

アレクサンダーテクニック:
身体の緊張を取る心理セラピー効果

について紹介します。

アレクサンダー・テクニックは、
心身の不必要な緊張を自覚し、

それを改善することを学習する方法です。

「身体の善用、誤用」

という事を重視し、

人間の体の動きには
効率的でエレガントな善用と

無駄な力が多く身体全体に
慢性的なゆがみを固定化してゆく
誤用があるとします。

身体の誤用の多くは、
日常の運動が目的志向である事に
起因します。

スポンサーリンク

例えば

「立って戸棚の本を取る」

時に考えているのは
本を取るという目的だけで、

いちいち

「膝に力を入れて足を伸ばして、
腕を持ちあげて」

などと考えません。

そのために、

普段から習慣的になっている
筋肉の誤用を知らない間に
繰り返してしまうのです。

これを改善するには
プライマリー・コントロールを
しっかりと機能させることが重要です。

プライマリーコントロールというのは、

身体と首と背中の関係性が
良好に保たれていると筋肉は楽に動き、
身体がうまく使えるようになる

とする考え方です。

アレクサンダー・テクニックでは
まず首と頭の位置を丁寧に
整えることからセッションが行われます。

●声を失った俳優の考案

アレクサンダー・テクニックの創始者は

マティス・アレクサンダーさん
(1869~1955)

彼はオーストラリア生まれの
舞台俳優でしたが、

声が出なくなると言う生涯に苦しみます。

そこで様々な治療法を試すものの
どれも効果がなく、

彼は周囲3方向に鏡を置き、
発生時の筋肉の動きをチェックする
という自己流の治療法を考案します。

そして話す時に
首の後ろを縮める癖のために
頭が生体を圧迫しているのに気づき、

首を楽にして
脊髄の上で頭部のバランスを
とることで声を取り戻すのです。

この心理セラピーは
哲学者のジョン・デューイや
作家のバーナード・ショーを始め

著名人の支持者が多いことでも有名です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。