フェルデンクライスメソッドの武道と心理セラピーの効果や方法

フェルデンクライスメソッドの武道と心理セラピーの効果や方法
今回のテーマは、

フェルデンクライスメソッドの
武道と心理セラピーの効果や方法

について紹介します。

フェルデンクライス・メソッドと呼ばれる
心理セラピーでは、

「座る」「立ち上がる」「床に寝そべる」

などのごく当り前な動作の中にも、

実は意外に複雑なメカニズムが
隠されていると考えます。

これらの動作を行う時に
いちいち身体の動かし方を
考える人がいないのは、

成長する過程で身につけた
動作のパターンによって、

無意識に行うからです。

フェルデンクライス・メソッドは、
今まで体験したことがないような

身体の動きの組み合わせを
じっくりと体感しながら行うという
新しい学習によって、

脳の固定化したパターンが柔軟化し、

眠っていた心身の可能性が
発揮されると考えます。

スポンサーリンク

このメソッドの愛好家は、

高名な音楽家やスポーツ選手、
舞台俳優が多いのも、

動きがパターン化すると、
パフォーマンスに悪影響が出る
職業だからだと考えられています。

●身体の使い方を変えて心を改善する

ストレスやトラウマといった心の傷は、

肉体にも大きな影響を与えます。

心と体は深い関わりを持っており、
単純に分けて考えることはできません。

フェルデンクライス・メソッドによって、
身体の使い方が改善されれば、

心にも良い影響を与えます。

また脳の障害で読み書きが
できなくなった患者の治療例もあります。

ちなみに、創始者である
ポーランド人の物理学者

モーシェ・フェルデンクライス
(1904~1984)

サッカーの試合での事故により
車いす生活を余儀なくされたのですが、

自ら武道を応用し工夫して克服することで、
この方法を編み出しました。

彼は当時フランスにいた
講道館柔道の創始者

加納治五郎から黒帯を取得し、
ヨーロッパで初めての柔道の
普及団体を設立した人物で

柔道に関する著作もあり、
メソッドを開発した時には

武道、柔道の知識を大いに活用したとの事です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。