危険な農薬などを避け『生シイタケ』を安全に健康な食べ方

危険な農薬などを避け『生シイタケ』を安全に健康な食べ方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け
『生シイタケ』を安全に健康な食べ方

について紹介します。

シイタケは日本や中国が
原産とされるキノコで、

現在でも、日本、中国、韓国で
最も多く消費されており、

英語やフランス語でも
「シイタケ」の発音で通じます。

そんなシイタケも、
危険な有害物質入りでない、
安全で健康なものを食べましょう。

シイタケはクヌギやナラ、カシなどの
広葉樹の枯れ木などに生えており、

日本では室町時代から
食用として始め、

江戸時代には人工栽培が始まったそうです。

スポンサーリンク

生シイタケに含まれる危険な有害物質

生シイタケは屋内や林の中で
栽培されます。

なので農薬など有害物質が
使われる事も少なく

ダイオキシンに汚染されている
危険もあまりありません。

主な産地は岩手、群馬、茨城、
福島、奈良などで、

世界的に見ても日本産のシイタケは
最優良品とされています。

安全な生シイタケを選ぶ方法

安全な良いシイタケは、

「かさの内側のひだが
ハッキリしていて、肉厚のもの」

です。

また笠の裏に白い膜が
張っているものを選びましょう。

良い条件のもとで育っている証拠です。

ほとんどのシイタケがハウス栽培なので、
一年中出回りますが、

本来の旬は4月と9から12月の二回です。

生シイタケを安全に食べる方法

栽培に農薬があまり使われておらず、
洗うと味が落ちてしまいますが、

安全を考えた場合、
洗った方がいいでしょう。

シイタケの洗い方は
ボウルの中でためすすぎです。

これで十分ですね。

二、三回、水分を変えて
洗えばOKです。

生シイタケの健康への作用

さて、シイタケには

ビタミンB1,B2,カリウム、食物繊維のほか、
紫外線に当たると、ビタミンD2に変わる
エスゴステリンを多く含んでいます。

もっとも、天日干しをしなければ
ビタミンD2にはならないのですが、、

しかし、それより何よりも
シイタケには健康を維持する為に
大切な二つの成分が含まれています。

一つは、エリタデニンです。

これは血中のコレステロール値を
下げる効果があります。

もう一つがβグルカンという成分、

免疫力を高め、癌細胞が
増えるのを抑える作用があるのです。

また食物繊維はエリタデニンと
一緒になると

ますますパワーアップします。

食物繊維は便秘に良いだけでなく、
有害物質を体の外に出す
大切な役割を果たしているのです。

こんなに、体にいい成分が
たくさん含まれているのに

シイタケのカロリーはゼロ、
体重が気になる人には嬉しい野菜ですね。

生シイタケの安全な保存方法

シイタケの保存の鉄則は、
ヒダを上に向けておく事、

ヒダを下向きのままにしておくと
そこから胞子が落ち、

カサが黒ずんでしまいます。

生のまま保存する場合には、
密閉容器カビにる袋に入れて、

冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。

冷凍する場合も、
生のまま密閉容器に入れて
冷蔵庫で保存します。

生シイタケを安全に健康に食べる料理法

焼きシイタケ

シイタケに含まれる
うま味成分のグアニル酸は、

加熱すると増加する性質を持っており、
また焼くことで香りも一層良くなります。

シイタケだけでは
ビタミンやミネラルが不足しがちなので、

それらを多く含む野菜と
一緒に食べると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。