池見酉次郎の自己統制法の心理学:日本人向けの自律訓練法

池見酉次郎の自己統制法の心理学:日本人向けの自律訓練法
今回のテーマは、

池見酉次郎の自己統制法の
心理学:日本人向けの自律訓練法

について紹介します。

自己統制法は

日本の心療内科の草分け的
存在である精神医学者の

池見酉次郎(1915~1999)が

自律訓練法の変形として
日本人向けに考案したものです。

膝の上に両手のひらをのせて、
心の中で、

「温かい感じがだんだん拡がっていく、
とても気持ちが落ち着いてくる」

と自己暗示の公式を繰り返します。

時々温かい感じが身体の
どこまで広がっているのか注意します。

この自己統制法が優れているのは、

手のひらを通して
確実に温度を感じられる所です。

スポンサーリンク

リラックスると体が温かく感じられるのは、
皮膚の温度がわずかながら上昇する為で、

また体が重く感じられるのは、
筋肉が弛緩して自分の体を
持ちあげなくなるためです。

他にも、日本人向けにアレンジされた
自律訓練法は、

成瀬悟策が自己コントロール法
というのを提案しています。

●漠然と注意を向ける

これらの日本人向けに
アレンジされた方法と

元来の自律訓練法との間の
効果を比較した研究はありません。

しかし自律訓練法の本質は
「受動的集中」と言われます。

つまり何か精査するような
積極的な集中ではなく、

漫然とした注意を向けているだけの
意識状態の事です。

このような意識を実現するという点では、
自己統制法も同等の効果を得られます。

自律訓練法はその有効性が
高く評価されていますが、

マスターする為相当の根気が必要なため、
途中で挫折してしまう事が多いです。

その点、自己統制法や
自己コントロール法ならば、

簡単でとっつきやすく
継続しやすいとも言えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。